ご希望の市区町村役場/県庁/省庁情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
市区町村役場/県庁/省庁
トップページへ戻る
トップページへ戻る

役所情報

国土交通省の組織・役割



国土交通省は、2001年(平成13年)に北海道開発庁、国土庁、運輸省、建設省を母体として設置されました。土木事業、道路整備、湾岸整備、交通政策、都市整備、環境整備などの他、災害復旧なども行ないます。

国土交通省の組織と役割について

国土交通省の組織と役割について

国土交通省には、本省と外局があります。本省には内部部局、施設等機関、特別の機関、地方支分部局、外局には、船員労働委員会、天気に関する気象庁、11の管区がある海上保安庁、海難審判庁があります。

内部部局

内部局には、大臣官房、13の局、国際統括官があります。

大臣官房
国土交通省の中心的な業務をしています。法令、人事、予算などの調整をしています。
総合政策局
省の基本的な政策全般を所轄しています。方針を策定したり、各局の横断的な施策のとりまとめなどをしています。
国土政策局
国土の利用、開発や保全に関すること、国会等の移転にかかわること、離島の振興などを行なっています。
土地・建設産業局
土地・建設産業局の所掌事務に関すること、地価の調査、不動産業市場や建設市場の整備を行なっています。
都市局
都市の再生やまちづくり、防災に関すること、土地区画整理、公園緑地の整備などを行なっています。
水管理・国土保全局
防災対策、河川の整備、砂防工事、下水道に関すること、水質管理などを行なっています。
道路局
国道や高速自動車国道の構築、路線別の整備、都市の新生・再構築を行なっています。
住宅局
住宅に関する事務や供給、建築物に関する基準、建替計画などを行なっています。
鉄道局
幹線鉄道の整備、運送サービスの向上、鉄道事故の原因究明調査などを行なっています。
自動車局
自動車の安全対策、審査やリコール、自動車損害賠償責任保険や自動車損害賠償責任共済に関することを行なっています。
海事局
船舶の航行の安全の確保、船員にかかわること、造船に関する事業などを行なっています。
港湾局
湾岸物流ネットワーク、湾岸の整備、災害の防止や復旧に関することを行なっています。
航空局
空の整備を行ないます。航空ネットワークや、空港の整備に関すること、空港の周辺の騒音などに対する事務などを行なっています。
北海道局
北海道の開発に関すること、アイヌの伝統やアイヌ文化の普及や啓発などを行なっています。
政策統括局
国土交通省の政策評価を行ない、見直しや改善を担っています。
国際統括官
海外の高速鉄道整備プロジェクトなどの交通プロジェクトを推進しています。

施設等機関

国土交通政策研究所、国土技術政策総合研究所、国土交通大学校、航空保安大学校があります。

特別の機関

国土地理院、小笠原総合事務所、海難審判所があります。

地方支分部局

地方整備局、北海道開発局、地方運輸局、地方航空局、航空交通管制部があります。

外局

観光庁、気象庁、運輸安全委員会、海上保安庁があります。

審議会等

審議会等

審議会には、中央建設工事紛争審査会、中央建設業審議会、土地鑑定委員会、国土開発幹線自動車道建設会議、中央建設士審査会、独立行政法人評価委員会、国土審議会、社会資本整備審議会、交通政策審議会、運輸審議会があります。