ご希望の市区町村役場/県庁/省庁情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
市区町村役場/県庁/省庁
トップページへ戻る
トップページへ戻る

役所情報

財務省の外局・施設等機関



財務省には内部部局の他に、内局の系統の外にあって量的・質的に特殊性のある事務を処理する外局、地方支分局、所管の法人などの機関が置かれています。

地方支部分局・財務局

地方支部分局・財務局

財務省の地方支分部局として、全国10箇所の財務局(北海道、東北、関東、北陸、東海、近畿、中国、四国、九州)と1財務支局(福岡)が設置されています。財務省の地方業務を扱う他、金融庁からの事務委任を受けて財政、国有財産や金融等に関する施策を実施しています。

財務局の組織

財務局の組織
  • 総務部…局内の総合調整、職員の採用、競争参加資格審査、地方経済情勢の調査・分析、多重債務相談など。
  • 理財部…予算執行調査など予算関係業務、たばこ・塩・交付国債・通貨に関する事務、金融機関等検査の審理・管理など。
  • 管財部…国有財産(庁舎等)の総合調整、宿舎関係事務の運営に関する調整、国有財産の管理・処分・評価など。
  • 財務局監察官…職員の綱紀保持。
  • 証券取引等監視官…証券取引検査、調査。
  • 財務総合政策研究所研修支所…研修の計画・実施。

※沖縄県では、那覇市に内閣府の地方支分部局として沖縄総合事務局が設置されており、同局長には財務局長と同等の権限が与えられています。

財務局と金融庁の関係

財務局では、内閣府の外局である金融庁からの委任により行なっている業務もあります。

  • 地方における民間金融機関等の検査・監督、有価証券届出書の審査事務など(金融庁長官の委任、指揮・監督下による)。
  • 証券取引等監視委員会(金融庁)が行なう金融商品取引法等に基づく一部事務(証券取引等監視委員会の委任、指揮・監督下による)。
  • 公認会計士・監査審査会(金融庁)が行なう公認会計士試験の実施に関する一部事務(公認会計士・監査審査会の委任、指揮・監督下による)。

特別の機関・国税不服審判所

特別の機関・国税不服審判所

国税庁の特別の機関として設置されている施設で、納税者の権利を救済する役割を担っています。

国税に関する処分を受けた納税者が不服のある場合、処分の取り消しや変更を求めて処分庁に対し異議申立てをすることができます。異議申立てを受けた処分庁がそれに不服のある場合、国税不服審判所長に対し不服申立てを行ないます。このような場合に、納税者と関係行政機関の間に立って業務を行なうのが国税不服審判所です。

所管の法人

所管の法人

財務省が所管する独立行政法人には、酒類総合研究所、造幣局、国立印刷局があります。そのなかから酒類総合研究所について紹介します。

酒類総合研究所
酒類に関する研究機関として、酒類の高度な分析・鑑定、酒類の品質評価、消費者向け教養講座の開催・施設公開・見学者の受入れなどの業務を行なっています。主たる事務所は広島県にあり、東京都に東京事務所が置かれています。

特殊法人

特殊法人

財務省が所管する特殊法人には、株式会社日本政策金融公庫、株式会社国際協力銀行、株式会社日本政策投資銀行、日本たばこ産業株式会社、輸出入・港湾関連情報処理センター株式会社があります。あまりなじみがありませんが気になる2つの施設を紹介します。

株式会社国際協力銀行
日本の政府金融機関として置かれている特殊銀行で、通称「JBIC」(Japan Bank for International Cooperation)と呼ばれています。海外における経済活動の促進、開発途上国等の経済、及び社会の開発、経済の安定に寄与するための貸付等の業務などを行なっています。
輸出入・港湾関連情報処理センター株式会社
輸出入・港湾関連情報処理センター株式会社は関税局に置かれている施設で、通称「NACCSセンター」(Nippon Automated Cargo and Port Consolidated System)と呼ばれています。国際物流に関する貿易手続などを電子的に処理するNACCS(輸出入・港湾関連情報処理システム)を管理・運営業務を行なっています。

認可法人

認可法人

財務省が所管する認可法人等には、日本銀行、国家公務員共済組合連合会、日本税理士会連合会があります。そのなかから日本銀行について紹介します。

日本銀行

日本銀行は日本の中央銀行で「発券銀行」「銀行の銀行」「政府の銀行」という3つの役割を担っています。日本銀行は、経済情勢に応じて通貨を安定的に供給するために公定歩合政策や公開市場操作といった金融政策を行ないます。日本銀行の総裁・副総裁は内閣が任命します。

3つの役割とは?

①発券銀行
日本の紙幣「日本銀行券」を発行します。現在発行されている紙幣は1万円札、5千円札、2千円札、千円札の4種類です。
②銀行の銀行
民間の市中銀行に対し預金の受け入れや貸し出しなどを行なっています。
③政府の銀行
政府の取引銀行として歳入を預金として受け入れ、歳出金を支払っています。また、政府の国債発行業務を代行しています。