ご希望の市区町村役場/県庁/省庁情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
市区町村役場/県庁/省庁
トップページへ戻る
トップページへ戻る

役所情報

外務省のこれまでの政策



世界平和と繁栄のために活動している外務省ですが、これまでどのような外交政策を行なってきたのでしょうか。5つのカテゴリ別に見てみましょう。

日本と国際社会の平和と安定の確保

日本と国際社会の平和と安定の確保

外務省は、国際社会の平和と安定のため、日本の安全保障政策、国際連合を中心とする国際協調、平和の構築、海洋における秩序と安全の確保等を実施しています。隣諸国との安定した関係の構築を目指すだけでなく、国際社会の平和と安定を脅かす様々な課題の解決にも積極的に取り組んでいます。

  • 軍縮・不拡散と原子力の平和的利用の推進
  • 国際組織犯罪・テロ対策への協力
  • 人権 普遍的価値の強化
  • 国際社会における「法の支配」の強化
  • 「女性が輝く社会」の実現

途上国の開発支援と地球規模課題の解決への貢献

途上国の開発支援と地球規模課題の解決への貢献

貧困や紛争、人権の抑圧、感染症や環境問題などは、自国のみの問題ではなく、国際社会全体で協力して取り組むべき課題だと言えます。日本では政府開発援助(ODA)をはじめ、開発途上国に対し、人間の安全保障や人道支援も行なってきました。

  • 保健・医療課題への取り組み
  • 防災への取り組み
  • 環境・気候変動問題への取り組み
  • 科学技術・宇宙分野の外交推進
  • 労働問題の解決

日本経済の再生と国際社会の繁栄の追求

日本経済の再生と国際社会の繁栄の追求

日本の経済強化はもちろんのこと、地域経済や世界経済の安定した成長のためには、国際的な経済環境の整備は欠かせません。国際情勢の流動化や人口の減少、財政赤字など、国内外の環境が厳しさを増す中で、様々な取り組みを積極的に行なっています。

  • 経済上の国益の確保・増進
  • 国際的ルールづくりと政策協調の推進
  • 地域との経済対話、及び協力
  • インフラシステムの海外展開

日本についての理解促進

日本についての理解促進

円滑な外交政策のためには、日本への関心を高め、理解を深めてもらうことが必要になります。近年では、一般国民層による外交への影響がますます増大していることから、外国の国民や世論に直接働きかける「パブリック・ディプロマシー」と呼ばれる外交活動が注目され始めています。

外務省ではインターネットの活用や在外公館職員による講演活動などを通して、日本に関する正しい理解と良好なイメージを持ってもらうための活動に注力してきました。このように日本文化の紹介や人的交流を行なうことで、日本についての理解を高める活動を推進しています。

BBCが毎年実施している国別好感度調査では、日本は「世界に良い影響を与えている国」として、毎年上位ランクに名前が挙がります。これは、世界の中で日本がどのように理解・評価されているかを知るヒントになるかもしれません。

  • 文化や人の交流の促進
  • スポーツ外交の推進
  • 国際機関を通じた取り組み
  • 途上国文化の振興への協力

「国民とともにある外交」の推進

「国民とともにある外交」の推進

毎年、観光やビジネス、留学、途上国支援などを目的に、多数の日本人が海外へ渡航します。これらの在留邦人の生命や身体の安全を守るのも、外務省の役目のひとつです。多くの日本人が安心して、海外旅行や現地での生活を楽しめるように、様々な脅威や危険を分析したり、安全対策に役立つ情報を発信したりしています。

  • 海外における日本人への支援
  • 地方自治体などとの連携
  • 非政府組織(NGO)との連携
  • 国民への情報発信と広聴活動