ご希望の市区町村役場/県庁/省庁情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
市区町村役場/県庁/省庁
トップページへ戻る
トップページへ戻る

役所情報

内閣府の外局等 食品安全委員会



私たちはほとんどの場合、食べ物を食べない日はありません。しかし、私たちが口にする食品は、栄養などと共に、ごく微量ながら健康に悪影響を及ぼす要因が含まれていることがあります。

食品安全委員会は、国民の健康の保護を最重要とし、食品に関して客観的かつ中立公正にリスク評価を行なう機関として、内閣府に設置されています。

食品安全委員会ができた経緯

食品安全委員会ができた経緯

食生活が豊かになる一方で、食生活を取り巻く環境は近年著しく変化を遂げました。それに伴い、国民の食に対する関心が高まっています。過去にはBSE(狂牛病)騒動などで国民の食への不安が募り、安全性の確保を求める声にあと押しされて、2003年(平成15年)に食品安全基本法が制定されました。

これに基づき、新たな食品安全行政を展開していくことになり、食品安全委員会が同年7月1日に、内閣府に新たに設置されました。

新しい組織を作るには、行政組織の増加を防ぐため、省庁の部署を潰す必要があります。そのために農林水産省の食糧庁が廃止(食糧部に格下げ)され、食品安全委員会が内閣府に設置されました。

食品安全委員会の組織

食品安全委員会の組織

食品安全委員会は、7名の委員と事務局から構成されます。その下に12の専門調査会が設置されています。特命担当大臣が食品安全委員会などの食品安全行政を担当します。

事務局

事務局は、事務局長と次長、4課2官で構成されます。

  • 総務課
  • 評価第一課
  • 評価第二課
  • 情報・勧告広報課
  • リスクコミュニケーション官
  • 評価情報分析官

専門調査会

専門調査会では、200人程の専門家が危害要因ごとに調査・研究を行ないます。

  • 企画等専門調査会
  • 添加物、農薬、汚染物質などの化学物質系評価グループ
  • 微生物、ウイルス、かび、プリオン、自然毒などの生物系評価グループ
  • 遺伝子組換え食品、新開発食品、肥料・飼料など新食品等評価グループ

食品安全委員会の仕事

食品安全委員会の仕事

食品安全委員会では、次のような仕事を行なっています。

リスク評価

リスク評価は、食品安全委員会のもっとも重要な役割です。リスクとは、食品を食べることによって有害な要因が健康に及ぼす悪影響の発生確率と程度のことを言います。リスク評価は、そのリスクを科学的知見に基づき、客観的かつ中立公正に評価することです。評価は、化学物質や微生物などの要因ごとに行なわれます。

この結果に基づき、食品の安全性を確保するために講じるべき施策について、関係各大臣に内閣総理大臣を通じて勧告を行なうことができます。

リスクコミュニケーションの実施
リスクコミュニケーションとは、消費者や食品関連事業者などの関係者の相互間において、幅広く情報や意見の交換を行なうことを言います。リスク評価の内容などについて、リスクコミュニケーションを、意見交換会の開催やホームページなどを通じて行ないます。
緊急事態の対応
緊急時、政府全体として危害の拡大や再発防止のために、迅速かつ適切に対応しなければなりません。国の内外からの情報により、事態を早急に把握して関係各省への迅速な対応の要請や国民に伝わりやすい情報の提供などを行ないます。