ご希望の市区町村役場/県庁/省庁情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
市区町村役場/県庁/省庁
トップページへ戻る
トップページへ戻る

役所情報

内閣府の外局等 天皇の仕事とは



内閣府の外局に位置づけられる宮内庁は、天皇・皇族のお世話をするのが仕事ですが、天皇はどんなお仕事をなさっているのでしょうか。

天皇とは

天皇とは

天皇は、歴史的には日本の君主。1945年(昭和20年)に第二次世界大戦が終わるまでの大日本帝国憲法においては日本の皇帝でした。その後、大日本帝国憲法は全面的に改正され、1947年(昭和22年)5月3日から施行されている日本国憲法においては、日本の象徴、及び日本国民統合の象徴と定められています。

日本の国際的な国家元首は、天皇陛下です。日本国憲法では「象徴」という曖昧な書き方がされているため、天皇が厳密な国家元首かどうかは意見が分かれます。しかし、対外的には国家元首として扱われています。

天皇の仕事

天皇の仕事

天皇の仕事は、憲法で定められた国事行為です。国事行為は、日本国憲法第6条、及び日本国憲法第7条に列挙されているものを言います。その中には、国会の指名に基づいて内閣総理大臣を任命すること、内閣の指名に基づいて最高裁判所長官を任命すること、国務大臣その他の官吏の任免を認証すること、国会を召集すること、法律や条約を公布すること、栄典を授与することなどが含まれます。閣議決定の書類は、毎回、閣議のあとに延納陛下の手元に届けられます。これを丁寧に確認した上で、署名、押印をします。

天皇の国事行為は、内閣の助言と承認に基づいて行なわれ、内閣が責任を負います。そのため、政治的な意味合いを持たない儀礼的な活動に限定されています。

憲法で定められた天皇の国事行為

憲法で定められた天皇の国事行為
  • 内閣総理大臣を任命すること(第6条第1項)
  • 最高裁判所長官を任命すること(第6条第2項)
  • 憲法改正、法律、政令及び条約を公布すること(日本国憲法第7条第1号)
  • 国会を召集すること(第7条第2号)
  • 衆議院解散(第7条第3号)
  • 国会議員の総選挙の施行を公示すること(第7条第4号)
  • 国務大臣及び法律の定めるその他の官吏の任免ならびに全権委任状及び大使及び公使の信任状を認証すること(第7条第5号)
  • 大赦、特赦、減刑、刑の執行の免除及び復権(恩赦)を認証すること(第7条第6号)
  • 栄典を授与すること(第7条第7号)
  • 批准書及び法律の定めるその他の外交文書を認証すること(第7条第8号)
  • 外国の大使及び公使を接受すること(第7条第9号)
  • 儀式を行なうこと(第7条第10号)
  • 国事行為の委任(日本国憲法第4条第2項)

国事行為の臨時代行

国事行為の臨時代行

天皇が海外を訪問されるときは、皇太子殿下が国事行為の臨時代行に委任されます。つまり、国会の解散や内閣総理大臣の任命なども臨時代行を委任された皇太子殿下が行なうことができます。

天皇のその他の仕事

天皇のその他の仕事

天皇皇后両陛下は普段から様々な儀式にご出席されたり、各地を訪れて人々を激励、また交流をなされたりしています。ご研究などもなされています。

宮中の行事へのご出席
国事行為に関連して、内閣総理大臣・最高裁判所長官の親任式などの儀式が行なわれます。様々な行事が行なわれ、1月1日に新年祝賀の儀にご出席されたり、外国の国王や大統領などとお会いになったりしています。
東京都内や全国各地の式典へのご出席
毎年8月15日に行なわれる全国戦没者追悼式や、国際生物学賞授賞式など東京都内で行なわれる式典にご出席されています。また毎年、全国植樹祭、全国豊かな海づくり大会、国民体育大会開会式など、全国各地を訪れ、いろいろな施設などで関係者を激励されています。
福祉関係施設などのご訪問
シルバー人材センターを訪れて年長者を励まされたり、保育園で子どもたちとふれあい交流をなされたりしています。また、障害者施設で利用者とお話しをされたり、産業施設で作業している方を励まされています。
被災地のご訪問
災害発生時、被災地をご訪問になり、犠牲者を悼み、被災者や救援活動をする方々を励まされています。
外国ご訪問
天皇皇后両陛下はご即位されてから、これまで25ヵ国の国を公式にご訪問になっています。各国の国王や大統領などとお会いになり、国際親善に努められています。
伝統文化の継承
毎年1月には、鎌倉時代から始められたと言われる歌会始の儀が行なわれ、和歌をお詠みになっています。また、天皇陛下は昭和天皇の始められた稲作を引継ぎ、毎年5月に皇居内の水田で苗を植えられ、皇后陛下は、昭憲皇太后が始められた養蚕を香淳皇后から引継ぎ、「初繭掻」の作業をなさっています。
魚類のご研究、絵本の著作など
天皇陛下は長年、ご公務の間にハゼ類の分類のご研究をされており、国際的に高く評価されています。皇后陛下は絵本をお書きになったり、翻訳をなさったりしています。