ご希望の市区町村役場/県庁/省庁情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
市区町村役場/県庁/省庁
トップページへ戻る
トップページへ戻る

役所情報

省庁のしくみ 官僚とは



官僚とは国家公務員のうち一定以上のポストにある者、つまり公務員のエリートのことで、内閣を支える裏方の仕事を行ないます。なかでも、中央官庁の重要ポストに就いているキャリア官僚は約1万5000人いて、それらの人々が中心となり日本の中枢を担っています。官僚のポストに就く方法、仕事内容やその使命とはどのようなものなのでしょうか。

官僚とは何か

官僚とは何か

官僚とは、中央行政機関で各省にかかわる国家公務員のことです。一般的には国家公務員の中でも、国家公務員総合職試験で採用され、中央官庁の中で一定以上のポストにある人たちを指します。具体的には、国の施策にかかわり、国会への対応、公務員の人事、出先機関や外郭団体等への指導・監督などが任務です。つまり内閣を支える裏方の役割を担う訳です。中央官庁の最高責任者である国務大臣、副大臣、大臣財務官などは上級公務員と言われるものの、国会議員であるため官僚には当たりません。ゆえに官僚の最高位と言えば事務次官ということになります。

官僚になる方法

官僚になる方法

人事院が実施する国家公務員採用試験(Ⅰ種~Ⅲ種)を受験し、合格すれば官僚になれます。受験資格は学歴にかかわらず誰にでもありますが、このなかでも国家公務員Ⅰ種採用試験は超難関とされており、これに合格して中央官庁に採用された者が「キャリア官僚」と呼ばれます。採用されたキャリア官僚は、本省勤務、海外留学や地方勤務、他省庁への出向などを経て、ほぼ全員が課長まで昇進することを約束されることになります。

官僚の仕事

官僚の仕事

官僚の主な仕事は、法律案・国会答弁の原稿作成、及び行政府が進める政策の遂行です。そのために法律案や予算案を作成し、それらを執行することが官僚の任務となっていて、具体的な仕事内容は以下の通りです。

法案の作成
法律を設定するのは国会ですが、立案など実務に関しては官僚の仕事です。各官庁の文書課長や各局の総務課長、審議官などを中心に作成を行ないます。
予算案の作成
国の予算はまず、内閣府の経済財政諮問会議で基本方針が立てられ、各省庁の予算の細部は財務省主計局が審査し、国会の議決を得るという流れとなります。
人事
国家公務員の人事については、各省庁の事務次官以下、大臣官房の官房長、秘書課長などが行ない、キャリア官僚の人事や天下り先の確保も担います。
指揮・監督・許認可
重要案件の指揮・監督・許認可を行ないます。
制作の企画・施策
法案、予算、監督・指揮・許認可の制作の企画・施策を主要な仕事としつつ、他にも各省庁との調整役も重要な任務です。

政治家との違いと、適性

政治家との違いと、適性

政治家と官僚との関係性としては、官僚は公務員であり、政治に関する高い専門知識を活かして実務的なことを行ないます。一方、政治家は表立って政策を国民に披露し、政策を吟味したうえで実行するのが役割です。つまり政治家が世論を汲み取ってつくった政策を、官僚が実行できるようにまとめて施策するという関係になる訳です。内閣においては、総理大臣が代わるごとに人員変更をすることになるので、実質的・継続的な仕事は、官僚によってなされることになります。政治家と同じ職域にありながら、政治家と比べて安定した仕事と言えるでしょう。

官僚の適性としては、まず必須なのが日本を支えるのだという使命感を持っていること。これは政治家にももちろん言えることです。一方で、様々な立場の人々全員がある程度納得して何とか合意できるラインを探すというのも官僚の大きな仕事ですから、我やこだわりが強すぎず、バランス感覚や冷静さをかね備えていることも重要な資質です。