ご希望の市区町村役場/県庁/省庁情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
市区町村役場/県庁/省庁
トップページへ戻る
トップページへ戻る

役所情報

大分県庁の特徴



各都道府県庁は、環境や政治など、すべての面から地域を支えています。そのため、庁舎内部の施設や政策には、各地域ならではの様々な特色や工夫があります。ここでは、47ある都道府県庁のひとつである「大分県庁舎」や、特徴ある大分県の事業について紹介します。

「大分県」について

「大分県」について

まずは、大分県の概要について紹介していきましょう。

位置と面積
大分県は、九州北東部に位置する都道府県のひとつです。東側は周防灘、伊予灘、豊後水道に面しており、北西部は福岡県、西部は熊本県、南部は宮崎県と隣接しています。総面積は約6,340平方キロメートル(参考値)あり、全都道府県の中では22番目の広さです。
シンボル
「県の木」はブンゴウメ、「県の花」はブンゴウメの花、「県の鳥」はメジロです。
気候
どの地域も比較的温暖な気候です。降水量に関しては、沿岸部と内陸部とで違いがあり、内陸部のほうが1年を通して雨量が多くなっています。また、沿岸部に比べると降雪量も多く、中津市の南部や日田市、由布市などでは積雪が見られます。台風などの自然災害は周辺の他県よりは少ないです。
産業
農業では、白ネギ、トマト、ナシ、カボス、キク、バラなど、野菜、果物がバランスよく生産されています。水産業では、ヒラメの養殖業で広く知られ、生産量全国1位です。林業では、スギ、ヒノキといった木材の他、乾しいたけなども展開されています。工業は、鉄鋼、石油、半導体、輸送機械などの重工業が有名です。
観光
富貴寺豊前善光寺(本堂)熊野磨崖仏臼杵磨崖仏など、国宝や、重要文化財、特別史跡に指定されているものが様々ありますが、中でも観光客に人気で県も力を入れているのが温泉です。源泉数・湧出量ともに全国1位の別府温泉の他、源泉数全国2位・湧出量全国3位の由布院温泉と、全国トップレベルの温泉を2つも有しています。

「大分県庁」について

大分県庁は、大分市大手町にあります。本館、新館、別館の主に3棟で構成され、日々業務が行なわれています。

庁舎について
本館1階には県民室、喫茶店と、県民の交流の場が設けられています。また、別館9階にはレストラン、新館の高層階には展望ロビー(14階)と展望レストラン(13階)があり、こちらも一般利用可能です。展望ロビーからは大分県が一望できる他、22時まで解放されているため、夜景も楽しめます。また、クリスマスシーズンは展望ロビーがイルミネーションで飾られ、クリスマスツリーも出現します。
事業について
全国でも有数の温泉地を数多く持つことをアピールポイントに、「おんせん県」としてイメージ付ける宣伝活動を行なっています。また、「子育て満足度日本一」の県を目指し、保育所などの施設を充実させる他、学力向上に取り組んでいる小中学校へは、指導教員を派遣するなどの援助も行なっています。