ご希望の市区町村役場/県庁/省庁情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
市区町村役場/県庁/省庁
トップページへ戻る
トップページへ戻る

役所情報

佐賀県庁の特徴



各都道府県庁は、環境や政治など、すべての面から地域を支えています。そのため、庁舎内部の施設や政策には、各地域ならではの様々な特色や工夫があります。ここでは、47ある都道府県庁のひとつである「佐賀県庁舎」や、佐賀県が行なう特徴ある事業について紹介します。

「佐賀県」について

「佐賀県」について

まずは、佐賀県の概要について紹介します。

位置と面積
佐賀県は、九州の北部に位置する都道府県のひとつです。北は玄界灘、南は有明海に面しており、東は福岡県、西は長崎県と隣接しています。面積は約2,439平方キロメートルあり、47都道府県の中では42番目の大きさとなっています。
シンボル
「県の木」はクス、「県の花」はクスの花、「県の鳥」はカササギです。
気候
全国的にみると多少降水量が多い県であり、特に夏場によく降ります。夏場の気温も、全国的にみると比較的高いです。一方で、冬場の気温は同緯度の他地域に比べるとかなり低く、玄界灘沿岸の地域では降雪もみられます。台風の被害を受けることもあり、海抜の低い平野部ではときおり洪水に見舞われることがあります。
産業
農業は主に県北部で盛んで、さがいちご、佐賀みかん、ナシといった果物が多く採れています。ハウスみかんは、全国シェア1位です。水産業は、玄界灘ではマアジ、呼子(なるこ)の活イカ、マダコなどが、有明海ではアサリ、スズキなどが水揚げされます。また、有明海は海苔の生産地としても有名です。さらに畜産では、佐賀牛などブランド牛をはじめ、鶏や豚も多く飼育されています。
観光
吉野ヶ里遺跡虹ノ松原、塩田津、七つ釜など、歴史を感じられる名所が多数ある他、温泉地としても有名です。日本三大美肌の湯として知られる嬉野温泉や、敷地内の一部施設が重要文化財に指定されている武雄温泉は、観光には欠かせないスポットとなっています。また古くから陶器で栄えた地域であるため、伊万里焼、唐津焼などの窯跡、窯元も多数点在しています。

「佐賀県庁」について

佐賀県庁は、佐賀市城内にあり、本館、新行政棟、議会棟、南別館などで構成されています。

庁舎について
県庁舎内は、事前予約により見学可能です。(ただし、対象は、児童や生徒、老人クラブなどの団体。)また新行政棟には、海外旅行者や外国人向けに情報提供を行なうワールドプラザの他、県民ホール、展望ホール、展望レストランがあり、どれも一般利用が可能です。
事業について
地方自治体である佐賀県が企業とコラボする「FACTORY SAGA(ファクトリーサガ)」プロジェクトを企画しました。佐賀県の存在感アップや、イメージ向上を目的とし、主に女性に向けたアピールを行なっています。これまでには、宝島社とコラボして、ファッション誌『steady.』と地酒のラベル作りなどを行なっています。