ご希望の市区町村役場/県庁/省庁情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
市区町村役場/県庁/省庁
トップページへ戻る
トップページへ戻る

役所情報

高知県庁の特徴



各都道府県庁は、環境や政治など、すべての面から地域を支えています。そのため、庁舎内部の施設や政策には、各地域ならではの様々な特色や工夫があります。ここでは、47ある都道府県庁のひとつである「高知県庁舎」や、高知県が行なう特徴ある事業について紹介します。

「高知県」について

まずは、高知県の概要について紹介します。

位置と面積
高知県は、四国の南部に位置する県です。南は太平洋に面しており、北東は徳島県、北西は愛媛県と隣接していて、扇状の地形が特徴です。面積は約7,105平方キロメートルあり、四国では最大、47都道府県の中では18番目の広さとなっています。
シンボル
「県の木」はヤナセスギ、「県の花」はヤマモモ、「県の鳥」はヤイロチョウ、「県の魚」はカツオです。
気候
年間日照時間、年間降水量ともに日本の平均水準よりもはるかに高いことから、晴天日と豪雨日が多いと言う極端な気候が特徴です(多雨多照)。台風が直撃することも多いとされています。平地の平均気温は1年を通して比較的高く、冬場でも雪が降ることはほとんどありません。ただし、山間部や県西部に限り、頻繁に積雪に見舞われます。
産業
温暖な気候を活かした農業が盛んです。ユズ、シシトウ、ナス、ショウガ、ピーマン、オクラ、メロン(アールスメロン)などが特産で、生産量は日本でもトップレベルです。また、高知の漁業で特に有名なのはカツオ(ソウダガツオ)です。さらに土佐瓦、土佐打刃物、土佐和紙など、伝統工芸においても多彩な製品を作っています。
観光
高知城土佐神社などの重要文化財に指定されている建造物や、四万十川、桂浜室戸岬足摺岬など有名な景観・名勝地が数多くあります。また、8月には県下一大規模な祭事「よさこい祭り」もあり、観光客で賑わいます。
高知県出身の偉人
長宗我部元親、山内一豊、坂本龍馬、板垣退助、吉田茂、中浜万次郎(ジョン万次郎)ら多くの偉人を輩出している県です。県内には彼らにまつわる史跡も残っています。

「高知県庁」について

高知県庁は、高知市丸ノ内にあります。本庁舎、西庁舎、北庁舎議会棟、厚生棟で構成されており、日々業務が行なわれています。

庁舎について
事前予約すれば、県庁舎内を見学することが可能です。知事室、防災作戦室、県議会議事堂を中心に巡る基本のコースは設定されていますが、希望があれば可能な範囲でコース外の部屋なども見ることができます。また、2013年公開の映画『県庁おもてなし課』(三宅喜重監督)のロケ地であったこともあり、期間限定でロケセットの展示も行なわれていました。
事業について
スポーツ振興、文化振興にも力を注いでおり、スポーツにおいては「土佐龍馬リレーマラソンin高知競馬場」を企画しました。また、文化については「まんが王国・土佐」を全面に推し出し、全国の高校生を対象にした全国高等学校漫画選手権大会「まんが甲子園」や、四国最大の漫画イベント「まんさい(こうちまんがフェスティバル)」を開催しています。