ご希望の市区町村役場/県庁/省庁情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
市区町村役場/県庁/省庁
トップページへ戻る
トップページへ戻る

役所情報

香川県庁の特徴



各都道府県庁は、環境や政治など、すべての面から地域を支えています。そのため、庁舎内部の施設や政策には、各地域ならではの様々な特色や工夫があります。ここでは、47ある都道府県庁のひとつである「香川県庁舎」や、香川県が行なう特徴ある事業について紹介します。

「香川県」について

「香川県」について

まずは、香川県の概要について紹介します。

位置と面積
香川県は、四国の北東部にある都道府県のひとつです。南は徳島県と愛媛県に接しており、北は瀬戸内海を隔てて岡山県と隣り合っています。面積は約1,876平方キロメートルで、47都道府県の中では最も面積の狭い県となっています。
シンボル
「県の花(香川県では「県花」と呼称)」と「県の木(県木)」はともにオリーブで、「県の鳥(県民鳥)」はホトトギス、「県の獣(県民獣)」はシカ、「県の魚(県魚)」はハマチです。
気候
瀬戸内海気候に属し、1年を通して温暖であり、晴天の日が多いことが特徴です。冬場も氷点下まで下がることはほとんどなく、雪が降ることも稀です。そのため、比較的過ごしやすい地域ではありますが、夏季は四国山地にあたった空気が下降気流となり気温が上昇するフェーン現象などによって、猛暑日になることが多いです。また、降水量が少ないため、たびたび水不足に悩まされています。
産業
米やオリーブの他にも、讃岐三畜(讃岐牛、讃岐夢豚、讃岐コーチン)、さぬきゴールド(キウイフルーツ)、らりるれレタス(レタス)、さぬきな(ツケナ)、さぬき姫(イチゴ)、といった独自の品種の野菜や果物が多く作られています。また、香川の代名詞とも言えるさぬきうどんの原料としてさぬきの夢2000と言う品種の小麦も生産されています。また漁業では、ハマチ、アナゴなど、様々な魚介類が獲れています。
観光
高松城址(玉藻公園)丸亀城、快天山古墳などの史跡の他、総数1,368段にもなる石段が有名な金刀比羅宮などがあります。さぬきうどんの製麺所も、県内各地に点在しています。また直島は近年、美術館などの施設が多数建設された他、島の各地に美術品が設置され一大観光エリアと化し、主に若者を中心に人気のリゾート地となっています。また、香川県は日本の映画やドラマだけでなく、海外ドラマの撮影誘致も積極的に行なっています。過去には韓国ドラマ『フルハウス TAKE2』のロケ誘致を成功させたこともあり、海外からの旅行客も少なくありません。

「香川県庁」について

香川県庁は、高松市番町にあり、本館、東館、北館、天神前分庁舎、議事堂、警察本部庁舎で構成されています。

庁舎について
映画『県庁の星』(西谷弘監督)のロケに使われたことでも有名な香川県庁舎は、最上階の21階展望室や喫茶店が一般利用可能です。また、旧本館にして現在の東館となっている建物は、名建築家・丹下健三さんの傑作とも言われる建造物であることから、ガイドツアーが行なわれることもあります。
事業について
自らの県を「うどん県」と称し、うどんはもちろん、他の県産品や名所も大々的にアピールしています。副知事役には、香川県出身の俳優、要潤さんが起用されています。また、アートでも町おこしを行なっており、「さぬき映画祭」、「かがわ文化芸術祭」を実施している他、他県と共同で「瀬戸内国際芸術祭」も行なっています。