ご希望の市区町村役場/県庁/省庁情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
市区町村役場/県庁/省庁
トップページへ戻る
トップページへ戻る

役所情報

広島県庁の特徴



各都道府県庁は、環境や政治など、すべての面から地域を支えています。そのため、庁舎内部の施設や政策には、各地域ならではの様々な特色や工夫があります。ここでは、47ある都道府県庁のひとつである「広島県庁舎」や、広島県が行なう特徴ある事業について紹介します。

「広島県」について

「広島県」について

まずは、広島県の概要について紹介します。

位置と面積
広島県は、中国地方にある都道府県のひとつです。瀬戸内海に面しており、北東は鳥取県、東は岡山県、西は山口県、北は島根県に接しています。面積は約8,479平方キロメートルあり、47都道府県の中では11番目の広さを誇る県です。
シンボル
「県の木」はモミジ、「県の鳥」はアビ、「県の魚」はカキです。また「県の花」は指定されていませんが、県の木と同じモミジで広く知られています。
気候
中国山地が北にあるため季節風による影響が少なく、比較的温暖で過ごしやすい土地となっています。1年を通しての降水量も、全国と比べると少ないです。ただし、北部の内陸地域に限り、年の平均気温がやや低く、降水量も倍程多くなることがあります。
産業
輸送機械、電気機械、鉄鋼、家具・装備品、繊維などが盛んであり、工業が産業の中心となっています。具体的には、携帯電話やヤスリ、鋼製貨物船、印刷機械など、様々な工業製品が日本でトップシェアとなっています。農業・水産業では、ネーブルオレンジ、レモン、牡蠣、クロダイ、ワケギの生産量が全国1位です。
観光、自然
世界遺産に指定されている厳島神社原爆ドームが特に有名ですが、他にも広島城、毛利氏城跡(郡山城跡)、縮景園、三段峡、千光寺公園など、史跡や景勝地も多いです。また、祭事では「とうかさん」「住吉祭」「えびす講」が「広島三大祭り」とされており、開催日には多くの観光客で賑わいます。

「広島県庁」について

広島県庁は、広島市中区基町に置かれています。本館、東館、北館、南館、議事堂、税務庁舎、農林庁舎で構成されています。ただし、2014年1月現在本館は耐震強度の関係から、建替え構想が持ち上がっています。

庁舎について
県庁舎内の見学は事前予約により可能です。県庁舎の敷地内に一般でも利用できる電気自動車用の急速充電器を設置して、環境保全を促しています。また県庁とは別の場所にある広島県立文書館では、県庁舎に関する企画展がたびたび行なわれています。
事業について
広島県・愛媛県の島嶼部(とうしょぶ)及び臨海部と共同で観光事業を盛り上げていく「瀬戸内しまのわ2014」を進めています。新たなイベントや観光プログラムなどを盛り込み、全国各地から観光客を呼び込むことが目的です。また広島県独自の観光事業としては、県内の特産や名物を全国に浸透させることを目指し、広島出身の芸能人を起用したPR活動を行なっています。その一例として、2012年3月27日から「おしい!広島県」のPR活動が行なわれています。広島の豊富な観光資源が知られていない現状を「おしい」と位置づけ、お笑い芸人の有吉弘行さんや田中卓志さん(アンガールズ)、グラビアアイドルの杉原杏璃さん、アーティストの西城秀樹さんなど、広島出身の芸能人らが「おしい!広島県」を全国にPRしました。