ご希望の市区町村役場/県庁/省庁情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
市区町村役場/県庁/省庁
トップページへ戻る
トップページへ戻る

役所情報

兵庫県庁の特徴



各都道府県庁は、環境や政治など、すべての面から地域を支えています。そのため、庁舎内部の施設や政策には、各地域ならではの様々な特色や工夫があります。ここでは、47ある都道府県庁のひとつ「兵庫県庁舎」や、兵庫県の特徴ある事業について紹介します。

「兵庫県」について

「兵庫県」について

まずは、兵庫県の概要について紹介していきましょう。

位置と面積
兵庫県は、近畿地方の西部に位置する県です。南は瀬戸内海、北は日本海に面しており、東は京都府、大阪府、西は岡山県、鳥取県に接しています。面積は約8,396平方キロメートルあり、47都道府県の中で12番目に広いです。
シンボル
「県の木」はクスノキ、「県の鳥」はコウノトリ、「県の花」はノジギクです。
気候
兵庫県では、県の中央にある中国山地を境に、北部と南部で気候が異なります。冬の北部は、厳しい寒さが続き降雪量も多いのですが、南部は気温が比較的穏やかであり、積雪も少なく、日照時間も北部と比較すると2倍以上長くなっています。しかし、夏場は南部の降水量が非常に多くなり、梅雨時期は北部の倍程の雨が降ります。
産業
稲作の他、「但馬牛」などの畜産でも有名な県です。また、南北に海があることを活かし、瀬戸内海では沿岸漁業、日本海では沖合漁業と、それぞれに適した漁業が盛んに行なわれています。工業については、アシックス、伊藤ハム、川崎重工業神戸製鋼所、田崎真珠などの企業が県内に本社を構えています。
観光・自然
地域によって特色が大きく異なります。例えば神戸・阪神地域は、日本有数の港町であり、「異人館」、「南京町」など異国の風景に触れることができます。一方、播磨地域では世界文化遺産のひとつ「姫路城」や「書写山圓教寺」があり、日本独自の歴史を眺めることができます。また、但馬地域は「城崎温泉」での温泉観光や、スキーなどを楽しむ観光客が多く訪れます。

「兵庫県庁」について

兵庫県庁は、神戸市中央区下山手通にあります。第1号館、第2号館、第3号館、県庁西館などから構成されています。

庁舎について
庁舎内は、予約制ですが見学をすることが可能です。また、1902(明治35)年に建てられた旧庁舎は、歴史的文化遺産として残されており、現在は「兵庫県公館」と名を変え迎賓館として利用されています。また、県政の資料館として一般開放され、定期的に茶会などのイベントも行なわれています。
事業について
観光事業に力を入れており、兵庫県各市区町村や観光団体が主体となって、毎年「あいたい兵庫キャンペーン」を行なっています。兵庫県出身の有名人らが自慢の郷土料理を紹介したり、全く新しい観光スポットを公開したりするなど、県外の方が兵庫観光をするきっかけになるような情報を提供しています。