ご希望の市区町村役場/県庁/省庁情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
市区町村役場/県庁/省庁
トップページへ戻る
トップページへ戻る

役所情報

大阪府庁の特徴



各都道府県庁は、環境や政治など、すべての面から地域を支えています。そのため、庁舎内部の施設や政策には、各地域ならではの様々な特色や工夫があります。ここでは、47ある都道府県庁のひとつ「大阪府庁舎」や、大阪府庁が行なう特徴ある事業について紹介します。

「大阪府」について

「大阪府」について

まずは、大阪府の概要について紹介します。

位置と面積
大阪府は、近畿地方にある府です。東は奈良県、南は和歌山県、北西は兵庫県、北東は京都府と接しており、南西は大阪湾に面しています。面積は約1,901平方キロメートルで、香川県に次いで日本で2番目に小さい自治体です。
シンボル
「府の木」はイチョウ、「府の鳥」はモズとなっています。また、「府の花」はウメとサクラソウの2つが存在します。
気候
瀬戸内海型気候で、冬も雪が降ることはほとんどなく、1年を通して温暖なところが特徴です。夏は非常に厳しい暑さとなり、熱帯夜や猛暑日の多さは全国でもトップレベルとなっています。都心部では、ヒートアイランド現象が年々深刻化しています。
産業
大阪府は中小企業が活気づいている地域です。独自に開発した技術は世界中から支持されており、日本だけでなく世界シェアの大半を占めている企業も多くあります。阪神工業地帯や堺泉北臨海工業地帯など大規模な工業地帯も複数置かれています。例えば、パナソニック日清食品ホールディングス、タイガー魔法瓶など、大阪府に本社を置く大企業も多いです。
観光
大阪城豊国神社など歴史的建造物が存在しますが、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン海遊館ひらかたパーク万博記念公園といったテーマパークや公園も高い人気を誇っています。また、なんばグランド花月大阪松竹座など、大阪府ならではの上方芸能に触れられる施設も豊富にあり、観光客で賑わっています。

「大阪府庁」について

大阪府庁は、大阪市中央区大手前にあります。府庁本館、府庁別館、大阪府新別館北館、大阪府新別館南館、分館6号館、府立労働センター(エル・おおさか)、府咲洲庁舎にて構成されています。府立労働センター(エル・おおさか)は本庁舎から少し離れた中央区北浜東に、府咲洲庁舎はさらに離れた住之江区南港北にあります。

庁舎について
大阪府庁では「府政をより深く理解してもらいたい」と言う目的のもと、庁舎内見学とともに府の施策や事業を学べる「府政学習会」が行なわれています。府民を対象に、団体で体験可能です。また、本館1階には大阪府公文書館が設置されており、定期的に展示やイベントなどが実施されています。
事業について
大阪の特産品を府外にも伝えていく「大阪産(もん)」事業や、現代大阪で改めて「水の都」をアピールする「水都大阪」事業など、「本来持っている大阪らしさを広めていく」ことを中心に活動し、ここ数年は大阪の新たなアピールポイントとして「文化芸術」にも注力しています。「大阪ミュージアム構想」と題して市街地をライトアップなどで装飾し、ミュージアムに見立てるといった活動が進められています。また、大阪府の消費生活センターは、アイドルグループNMB48らを広告塔に立て、市民へインターネットの適正な使用方法と危険防止を呼びかけるなどの活動にも積極的な姿勢を見せています。