ご希望の市区町村役場/県庁/省庁情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
市区町村役場/県庁/省庁
トップページへ戻る
トップページへ戻る

役所情報

三重県庁の特徴



各都道府県庁は、環境や政治など、すべての面から地域を支えています。そのため、庁舎内部の施設や政策には、各地域ならではの様々な特色や工夫があります。そこでここでは、47ある都道府県庁のひとつ「三重県庁舎」や、特徴ある事業について紹介します。

「三重県」について

「三重県」について

まずは、三重県の概要について紹介します。

位置と面積
三重県は、関西地方の東部に位置する県です。伊勢湾と太平洋に面しており、南は和歌山県、西は奈良県、京都府、北は滋賀県、岐阜県、愛知県と接しています。面積は約5,777平方キロメートルで、47都道府県の中では25番目の広さです。
シンボル
「県の木」はジングウスギ、「県の花」はハナショウブ、「県の鳥」はシロチドリ、「県の魚」はイセエビ、「県の獣」はカモシカです。
気候
基本的に温暖で、夏は厳しい暑さに見舞われることが多いです。一方で鈴鹿などの北部、伊賀などの山地は冬が非常に寒くなると言う特徴があり、ときには大雪が降ることもあります。また、気流などの関係から台風が頻繁に通過することでも知られ、被害を受けることもあります。
産業
農業、畜産業、水産業どれも盛んで、「伊勢茶」、「松阪牛」、「伊賀牛」、「伊勢エビ」と、地名をブランドとしたものが多く生産されています。また工業にも力を入れており、輸送機械や電子機器の出荷額は特に多いです。工業製品出荷額では全国第10位となっています。トヨタ車体本田技研工業など大企業の工場も多数あり、中でもシャープ工場は液晶テレビの「亀山ブランド」としても有名です。
観光
熊野古道や伊勢志摩国立公園などの自然の他にも、天照大御神を祀る伊勢神宮、忍者の里として知られる伊賀上野、西日本最大規模のテーマパークであるナガシマスパーランド、F1日本グランプリ開催地の鈴鹿サーキットなどを有しています。このようにバラエティ豊かなスポットが点在し、外国人からも人気が高い県となっています。

「三重県庁」について

三重県庁は、三重県津市広明町にあります。本庁舎は地上8階、地下1階建てで、1964(昭和39)年に完成し、2001年から2002年まで免震工事が行なわれていました。旧庁舎は、現在は愛知県の博物館明治村で見ることができます。

庁舎について
予約制で庁舎内を見学することが可能です。執務室や議事堂などの一部スペースを見ることができる他、屋上へ行くこともでき、三重県の市街地を一望することができます。
事業について
三重県産の農林水産物や伝統工芸品を、県外や世界に広く発信していく「三重ブランド」事業が進められています。三重県産のものであると県外へ勧めるに値するものかを厳正に審査し、認定されたものは三重ブランドとして県からの大々的なPRを受けられます。また、2013年秋に伊勢神宮が「遷御(せんぎょ)の儀」を迎えるにあたっては、県外の観光客をもてなすためのプロジェクト「せんぐう旅博」が実施され、観光ガイドや関連イベントなどが行なわれました。