ご希望の市区町村役場/県庁/省庁情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
市区町村役場/県庁/省庁
トップページへ戻る
トップページへ戻る

役所情報

静岡県庁の特徴



各都道府県庁は、環境や政治など、すべての面から地域を支えています。そのため、庁舎内部の施設や政策には、各地域ならではの様々な特色や工夫があります。ここでは、47ある都道府県庁のひとつ「静岡県庁舎」や、静岡県の事業について紹介します。

「静岡県」について

「静岡県」について

まずは、静岡県の概要について紹介します。

位置と面積
静岡県は、中部地方の南東部に位置する県です。南は太平洋と駿河湾に面しており、北東部は神奈川県と山梨県、西は愛知県、北西部は長野県と隣接しています。総面積は約7,780平方キロメートルあり、全都道府県の中では13番目の大きさです。
シンボル
「県の木」はモクセイ(金木犀)、「県の花」はツツジ、「県の鳥」はサンコウチョウです。
気候
太平洋側気候であること、北部に山地があることなどから、1年を通して比較的温暖であり、特に沿岸部では雪が降ることはほとんどありません。しかし、冬の遠州地方は乾燥した非常に強い風が吹く他、夏の内陸部は全国的にも稀な酷暑に見舞われます。
産業
プラモデル、オートバイ、楽器、紙などが多く製造される工業県としても知られていますが、農業も盛んです。中でも全国のトップシェアを誇る茶葉は、県内陸部で非常に多く生産されています。またミカン、温室メロン、温室イチゴなども特産品です。水産業では、マグロ、カツオ、桜えびが水揚げされる他、ウナギ、トラフグなどの養殖も盛んです。
観光
富士山、三保の松原白糸の滝冨士浅間神社などの富士山世界文化遺産の構成資産を有する他、掛川城久能山東照宮臨済寺法多山尊永寺MOA美術館など、国の重要文化財として指定されている建築物、もしくは重要文化財を所有する施設も多くあります。さらに、史跡も県内各地に点在しており、蜆塚遺跡、登呂遺跡、黒田家代官屋敷などが有名です。

「静岡県庁」について

静岡県庁は、静岡市葵区にあります。主に本館、東館、別館、西館からなり、周囲は堀で囲まれています。

庁舎について
別館の最上階である21階には展望ロビーがあり、一般入場可能です。ここから、富士山や駿河湾、南アルプスなど静岡県ならではの風景が一望できます。
事業について
2013(平成25)年に世界遺産に登録された富士山をより多くの人へアピールするべく、様々なイベントを主催しています。また、南海トラフの大地震に備え、大災害が起こった際も、首都圏と関西圏を結ぶ道が断たれないよう、内陸部に重点をおいた開発事業が進められています。これにより、一層安全性・耐震性の高い都市を形成する計画です。