ご希望の市区町村役場/県庁/省庁情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
市区町村役場/県庁/省庁
トップページへ戻る
トップページへ戻る

役所情報

長野県庁の特徴



各都道府県庁は、環境や政治など、すべての面から地域を支えています。そのため、庁舎内部の施設や政策には、各地域ならではの様々な特色や工夫があります。ここでは、47ある都道府県庁のひとつ「長野県庁舎」や、特徴ある事業について紹介します。

「長野県」について

「長野県」について

まずは、長野県の概要について紹介していきましょう。

位置と面積
長野県は、海に面していない内陸県です。本州のほぼ中央にあり、東は群馬県、埼玉県、山梨県、南は静岡県、愛知県、西は岐阜県、北は新潟県と富山県に隣接しています。面積には約1万3,562平方キロメートルあり、全国の中でも4番目に大きい県です。
シンボル
「県の木」はシラカバ、「県の花」はリンドウ、「県の鳥」はライチョウ、「県の獣」はカモシカです。
気候
県土面積が広いため、地域によって差はありますが、基本的に冬は寒く、夏は暑いと言う内陸性気候です。日中は、猛暑日となることも多いですが、1日の寒暖差が激しいため、猛暑日でも朝と夜は涼しくなります。所々に豪雪地帯があるものの、それ以外の場所で雪が降ることはあまりありません。
産業
長野県は面積が広い上に気候も地域によって大きく異なることから、非常に多くの野菜・果物が作られます。特に、レタス、セロリ、パセリ、トマト(加工用)、ブルーベリーは収穫量日本一です。また工業に関しては、製造品出荷額が全国19位と、全体的にはさほど発展していませんが、「顕微鏡」や「ギター」などにおいては全国シェアで一番となっています。
観光
善光寺松本城仁科神明宮など、有形文化財が多数あるのが特徴です。また、軽井沢は日本でも有数の避暑地とされています。スキー場や高原が多いことでも知られ、志賀高原、安曇野、野辺山高原、美ヶ原などは毎年観光客で賑わいます。

「長野県庁」について

長野県庁は、長野市大字南長野字幅下にあります。本館棟、西庁舎、東庁舎、議会棟からなり、最上階は本館棟の10階となっています。

庁舎について
最上階の10階にある食堂と、2階の喫茶室は一般開放されており、自由に利用できます。また予約制ですが、見学ツアーも行なわれています。
事業について
山が多い土地柄を活かし、県は、登山に必要な知識や技術、土地鑑を持ち合わせた「信州登山案内人」を輩出しています。試験によって正式に認定される登山ガイドの資格です。県内のあらゆる登山スポットで活躍できる人材を育成し、観光客へのアピールにも繋がっています。また、新たに教育にも力を入れるべく、新県立大学を作るための構想も進行中です。

また、「おいしい信州ふーど(風土)ネット」と言うホームページを作成し、長野県で獲れる食物の情報配信やレシピ紹介も行なっています。さらに、知事を中心として農産物のPRや販売促進のため「おいしい部局長会議」も行なわれており、ここで取り上げられた特産品は、本庁地下1階の売店で販売されています。