ご希望の市区町村役場/県庁/省庁情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
市区町村役場/県庁/省庁
トップページへ戻る
トップページへ戻る

役所情報

山梨県庁の特徴



各都道府県庁は、環境や政治など、すべての面から地域を支えています。そのため、庁舎内部の施設や政策には、各地域ならではの様々な特色や工夫があります。ここでは、47ある都道府県庁のひとつ「山梨県庁舎」や、特徴ある事業について紹介します。

「山梨県」について

「山梨県」について

まずは、山梨県の概要について紹介していきましょう。

位置と面積
山梨県は、日本列島のほぼ中心部に位置する内陸県です。北東は埼玉県、東は東京都と神奈川県、南は静岡県、西は長野県に接しています。面積は約4,465平方キロメートルで、京都府に次ぎ全国で32番目の広さです。
シンボル
「県の木」はカエデ、「県の花」はフジザクラ、「県の鳥」はウグイス、「県の獣」はカモシカです。
気候
南アルプスや八ヶ岳をはじめとした高い山に囲まれている盆地のため、冬は寒く夏は暑い、気温差の激しい気候であることが特徴です。年間を通しての降水量は少ないのですが、一部に豪雪地帯がある他、夏は台風に伴う集中豪雨に見舞われることがあります。ただし、盆地以外の山麓部では降水量が多く、気温も比較的低いです。
産業
農業、工業ともに盛んで、農業ではスモモやブドウ、モモなどが、工業ではミネラルウォーターの生産量が日本一となっています。また、山麓部の涼しい気候を活かして、キャベツやクレソンなども多く栽培されています。
観光、自然
2013(平成25)年に世界遺産に認定された富士山をはじめ、八ヶ岳、南アルプス、西沢渓谷、清里高原など山岳地や高地が有名で、観光客にも人気が高いスポットのひとつです。また、「吉田の火祭」、「信玄公祭り」など、全国的に認知度の高い祭りも行なわれています。

「山梨県庁」について

山梨県庁は、甲府市丸の内にあります。本館、別館(旧館)、北別館、防災新館、西別館、県議会議事堂、県民会館の7棟で構成されています。

庁舎について
以前の山梨県本庁舎だった別館を、山梨の歴史やゆかりの人物などを紹介する資料館にするべく、計画が進められています。建物自体も、有形文化財に指定されている歴史ある建造物です。また、2013(平成25)年には新庁舎が完成し、落成式が行なわれました。
事業について
日本一暮らしやすい県を目指し、リニア中央新幹線開通の構想を進行中です。「リニア推進課」を発足し、開通後の需要予測などを立てています。また、県内の工業シェアでも大きな割合を占める宝飾に焦点をあて、県内の職人や製作品が見られる総合サイトを開設しています。