ご希望の市区町村役場/県庁/省庁情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
市区町村役場/県庁/省庁
トップページへ戻る
トップページへ戻る

役所情報

福井県庁の特徴



各都道府県庁は、環境や政治など、すべての面から地域を支えています。そのため、庁舎内部の施設や政策には、各地域ならではの様々な特色や工夫があります。ここでは、47ある都道府県庁のひとつ「福井県庁舎」や、特徴ある事業について紹介します。

「福井県」について

まずは、福井県の概要について紹介します。

位置と面積
福井県は、日本海に面する北陸地方の県です。北東は石川県、東は岐阜県、南は滋賀県、西は京都府と隣接しています。面積は約4,189平方キロメートルで、全都道府県の中では34番目の大きさです。
シンボル
「県の木」はマツ、「県の花」はスイセン、「県の鳥」はツグミ、「県の魚」は越前ガニです。
気候
日本海に面していることから、一部は特別豪雪地帯とされている程雪が多いのが特徴です。しかし、日本海沿岸部は対馬暖流を受けているため、降雪量が少ない地域です。
産業
福井では、鯖江市を中心にメガネ(フレーム)の生産が盛んで、全国シェアの9割強を誇っています。その他にも、羽二重などの繊維、半導体や精密部品といった電気機械が多く生産されており、主に工業で着実な進歩を遂げています。農業では、稲作やサトイモ、スイカなどが多く作られています。
観光
名勝や史跡が数多くあります。中でも一乗谷朝倉氏庭園気比の松原東尋坊越前大野城劔神社熊川宿などが有名です。
福井県が舞台となっている作品
映画では『夜叉ヶ池』(1979年/篠田正浩監督)、『戦国自衛隊』(1980年/斎藤光正監督)、『雪の花』(2009年/小野寺昭憲監督)などがあります。テレビドラマでは『どてらい男』(1973年/フジテレビ系)、『武蔵 MUSASHI』(2003年/NHK)、『ちりとてちん』(2007年/NHK)など、アニメでは『AIR』(2005年/BS-TBS)、『それでも町は廻っている』(2010年/TBS系)などが挙げられます。

「福井県庁」について

福井県庁は、福井市大手にあります。本庁舎、警察庁舎、議会議事堂からなり、最上階は11階、最下階は地下3階となっています。

庁舎について
予約制で、庁舎内にある知事応接室、議会議事堂、防災無線室などを見学することが可能です。見学者のみ、県庁舎内の食堂で昼食が食べられるといった特典もあります(予約が必要)。さらに庁舎内にある多目的スペースでは、各課主催によるパネル展などが頻繁に開催されています。
事業について
県民による長年の運動が実を結び、「北陸新幹線」が敦賀市まで延伸されることが認可されました。