ご希望の市区町村役場/県庁/省庁情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
市区町村役場/県庁/省庁
トップページへ戻る
トップページへ戻る

役所情報

埼玉県庁の特徴



各都道府県庁は、環境や政治など、すべての面から地域を支えています。それゆえに、庁舎内部の施設や政策には、各地域ならではの様々な特色や工夫があります。ここでは、47ある都道府県庁のひとつ「埼玉県庁舎」や、特徴ある「政策」を紹介します。

「埼玉県」について

「埼玉県」について

まずは、埼玉県の概要について紹介します。

位置と面積
埼玉県は、関東地方の西側に位置する、海に面していない「内陸県」です。北は群馬県と栃木県、東は茨城県、西は長野県、南は東京都、千葉県、山梨県に隣接しています。面積は約3,798平方キロメートルで、全国第37位の広さです。
シンボル
「県の木」はケヤキ、「県の花」はサクラソウ、「県の鳥」はシラコバト、「県の魚」はムサシトミヨです。
気候
1日の気温差が激しい、内陸地特有の気候です。突発的に雷雨やヒョウが降ることも時折あります。ただ一方で快晴日数と猛暑日日数も多く、1年の平均ではともに47都道府県中1位になることがあります。
産業
「農業」の中でも野菜が盛んで、県内の農業産出額の5割強を占めています。ネギ、里芋、小松菜、ほうれん草などの生産量は全国1位、ブロッコリー、枝豆などは全国2位です。また製造業に関しては、「中華麺」、「化粧水」、「金属製のサッシ・ドア」などが全国1位です。さらに「雛人形」「節句人形」などの手工芸品も全国で一番のシェアを誇っています。
埼玉県が舞台となっている作品
テレビドラマでは「風林火山」(2008年/NHK)、「新撰組!」(2004年/NHK)など、マンガでは、『クレヨンしんちゃん』(臼井儀人著/双葉社)、『藍より青し』(文月晃著/白泉社)、『おおきく振りかぶって』(ひぐちアサ著/講談社)などがあります。

「埼玉県庁」について

埼玉県庁はさいたま市浦和区高砂にあり、大きくは本庁舎、第二庁舎、第三庁舎、職員会館、別館、県議会議事堂で構成されています。

庁舎について
毎年11月14日の「県民の日」には県庁を開放し、主に子どもを対象とした見学会を行なっています。庁内探検はもちろん、朝市やステージでのショーなども行なわれ、一大イベントとなっています。
事業について
埼玉県に住む子どもを持つ女性が活気ある暮らしをできるよう「さいたまスマイルウーマンフェスタ」といったイベントを開催しています。化粧品メーカーや健康食品メーカーなど、主に女性向けの企業が多く出店した会場内で、商品の購入などができます。
その他の事業としては「川の国応援団」というプロジェクトも行なわれています。川が多い埼玉県での暮らしをもっと楽しめるようにと、川を有する地域でのイベント開催時には、カヤックやタモ網などが県から積極的に支援されます。