ご希望の市区町村役場/県庁/省庁情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
市区町村役場/県庁/省庁
トップページへ戻る
トップページへ戻る

役所情報

岩手県庁の特徴



各都道府県庁は、その地域の「象徴」のひとつということもあってか、庁舎内部の施設や政策などに様々な工夫があります。そこでここでは、47ある都道府県庁のひとつ「岩手県庁」庁舎について紹介します。

「岩手県」について

「岩手県」について

まずは、岩手県について概要を紹介します。

位置、面積、人口
本州の北部に位置する都道府県のひとつです。太平洋に面しており、古くは陸奥、奥州などと呼ばれていました。面積が広い都道府県としても知られており、北海道に次いで広い15,278.89平方キロメートルとなっています。これは、日本の総面積の4%を占めます。総人口は、約130万人です。
シンボル
「県の木」はナンブアカマツ、「県の花」はキリ、「県の鳥」はキジ、「県の魚」はナンブサケです。
気候
冬の積雪量が非常に多く、八幡平市などは「特別豪雪地帯」と指定されている程で、さらに県内の北部では、寒流を受けて「冷害」といった気象災害が起こることも多いです。
産業
農林水産業の中では、農業の他に「水産業」が盛んです。サケは生産高全国第二位、養殖のワカメとアワビにおいては生産高全国第一位を誇っています。
自然
自然には非常に恵まれており、「平庭高原」、「安比高原」などの高原の他、「浄土ヶ浜」、「浪板海岸」、「幽玄洞」と、山岳地帯にも、海岸地帯にも多くの自然が残っています。
著名な出身者
「石川啄木」「宮沢賢治」ら文豪に加え、総理大臣にもなった「原敬」や、国際連盟事務次長としても有名な「新渡戸稲造」など、偉人を多数輩出しています。

「岩手県庁舎」について

岩手県庁舎は、岩手県盛岡市内丸にあります。地上12階建てで、1965(昭和40)年の完成当時は、全国で二番、東北で一番の高さを誇る庁舎でした。部屋数も比較的多いため、企業局や医療局以外のほとんどの部署が、本庁舎内に収まっています(企業局などは本庁舎外の別棟)。また庁舎以外にも、岩手県では同県ならではの「政策」が目立っています。近年の岩手県政についても紹介します。

リニアコライダー
正式名称を「国際リニアコライダー」といい、地下に作られる大規模な研究施設のことを指します。世界でひとつの地域に絞って建設しようと計画されており、スイスのジュネーブ、アメリカのシカゴと並んで、岩手県の北上山地が候補地となっています。2020年ごろには稼動予定で計画が進行中です。これが北上山地に決まると、岩手県の活性化など、地域振興にも大きな影響を与えます。
いわて復興ネット
復興局総務企画課主導のもとに作られた、東日本大震災からの復興に関連する情報をまとめたウェブサイトです。復興計画や支援状況、義援金、税金のことなど様々な情報が見られます。