ご希望の市区町村役場/県庁/省庁情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
市区町村役場/県庁/省庁
トップページへ戻る
トップページへ戻る

役所情報

県庁の仕事 公安委員会について



日本の各都道府県庁には、「環境生活部」「振興局」「選挙管理委員会」など、役割ごとに様々な部署が置かれています。ここでは、そんな部署の中のひとつ「公安委員会」について、役割や主な仕事内容の他、公安委員になるための条件について紹介します。

「公安委員会」概要と公安委員について

「公安委員会」概要と公安委員について

公安委員会とは、各都道府県にある警察の事務や管理をするため、「警察法」に基づいて置かれている機関です。公安委員会の上には「国家公安委員会」が設置されています。警察が地域住民の意見と大きく異なる身勝手な職務や不正を行なわないよう、常に監視している他、「民主的」な運営を行なえるような手引もしています。これにより、公平で中立な立ち位置を保つことができているのです。委員になるには2つの条件があります。

  • 該当する都道府県において「議会議員の被選挙権(地域内の住民であり、25歳以上の日本国民である)」を持っていること
  • 直近5年のあいだに、警察・検察として職務を行なった経歴がないこと

これらの条件を満たしている者の中から、議会から同意を得たうえで、知事により任命されます。任期は3年間と定められていますが、その後2回に限り再任することが許されているので、結果的に最長で9年間公安委員として職務を行なうことができます。定員は、各都道府県それぞれに3人から5人が通例ですが、北海道のみ特例として、北海道全体を統括する「北海道公安委員会」の他、「函館方面」「旭川方面」「釧路方面」「北見方面」とさらに4つに区分けされています。ちなみに、これら「方面公安委員会」は、各3人が定員となっています(『北海道公安委員会』は定員5人)。

公安委員会の具体的な仕事内容

公安委員会は、当該都道府県警察の管理の他にも様々な職務を行なっています。ここでは、その中でも主な職務を紹介します。

運転免許に関する職務
運転免許を保有する者たちの技術や知識の維持、向上に努めています。自動車教習所を管理している他、運転免許の試験、運転免許交付、各種講習など運転免許にかかわるあらゆる行政事務を行なっています。
交通規制に関する職務
地域内にあるあらゆる公道の速度や駐車などの規制を定めています。また、交通がよりスムーズかつ安全になるように、標識や信号機などの必要なものを設置するのも主な業務です。
風俗営業の規制に関する職務
当該都道府県内に新たに出店する風俗店の営業許可の有無を決める業務も行なっています。また、不正や規約違反があった場合、営業許可の取り消しを行なうのも業務のひとつです。
銃砲の規制に関する職務
公安委員会は、法律で認められていない銃砲の所持の許可を与えられています。部署内の人を対象に、銃砲を安全に扱うための講習なども行ないます。