ご希望の市区町村役場/県庁/省庁情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
市区町村役場/県庁/省庁
トップページへ戻る
トップページへ戻る

役所情報

県庁の仕事 教育委員会について



教育委員会は県庁に置かれています。ここでは、県庁の主要な部署のひとつ「教育委員会」の概要や各部署の役割を紹介します。

「教育委員会」の概要

「教育委員会」の概要

各都道府県庁に属し、学校をはじめとした「教育機関」に関するあらゆる事務を任されている委員会です。地方自治法第180条の規定などにより設置されています。また、より細かく業務を遂行できるよう、都道府県単位だけでなく、市町村単位でも置かれています。委員の定数は5人前後で、任期は4年です。議会での承認を経て、知事によって任命されます(市町村単位の場合は、各市町村長が任命)。教育委員会の職務権限は、中学校など管轄する教育機関の設置や管理、環境保持、カリキュラム指導、配属される職員の人事、文化財の保護まで行なっています。基本的には、より良い教育環境を作るためのサポートや指導が目的です。

教育委員会内の組織

各都道府県5人前後となっている教育委員ですが、その下に、教育委員会の各種事務を行なう組織があります。ここでは、主な組織と具体的な業務内容を紹介します。

教育企画課
児童、生徒たちの教育内容について、適した題材であるかを調査し研究する部署です。一般教育だけでなく、防災教育や情報教育などにもかかわり、その内容について推進を行なっています。
教職員課
管轄地域内の教育機関につとめる教職員たちに関する事務を行なっています。教職員の人事や給与を管理などが主な業務です。また、新たな人材を雇用するための教職員教員(候補者)採用試験の実施もこの課が行なっています。
学事課
各教育機関に教職員が適正な人数配置できているかを把握したり、教育機関内の施設を整備するための調整などを行なったりしています。
スポーツ振興課
スポーツのしやすい環境を整えるための部署です。「地域住民がスポーツに親しみの持てる環境」をめざし、スポーツ教育を推進する他、施設の充実などを図っています。
高校教育課
高等学校の教育のみに絞って事務を行なっている部署です。地域内にある高等学校のカリキュラムを調査し、必要であれば、指導やアドバイスなどを行ないます。
文化財課
当該都道府県内にあり、歴史的建造物や、学術的価値の高い出土品などを「文化財」に指定し、保存・保護などを行なう課です。また、文化財をより多くの住民に知ってもらうべく、パンフレットや資料などの作成を行なうこともあります。