ご希望の市区町村役場/県庁/省庁情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
市区町村役場/県庁/省庁
トップページへ戻る
トップページへ戻る

役所情報

県庁の仕事 保健福祉部について



都道府県庁に置かれている部署のなかに「保健福祉部」と呼ばれる部署があります。ここでは、保健福祉部の仕事内容から、保健福祉部の組織区分までを紹介します。

「保健福祉部」の概要

「保健福祉部」の概要

高齢者や、介護の必要な人、障害者、低所得者、事情があって親と住めない児童など、自力で生活することができない地域住民の生活を援助するのが「保健福祉部」です。その仕事内容は、老人ホームや養護施設、公立保育園などを設置運営したり、金銭(生活保護など)で援助したりするなど様々です。同時に、援助の必要な人物かどうかの審査も行なっています。医薬品の安全性確保や品質を調査したり、薬物乱用を防ぐための呼びかけを行なったりするのも、この部署ということが多いです。

保健福祉部内の組織

保健福祉部は、主に援助の対象によって課が分かれていることが多いです。ただし、地域によって名称が大きく異なることもあります。

高齢者福祉課
「老人福祉施設」の設置運営や手当の給付などで生活が苦しい老人たちを支えるのがこの課です。社会福祉法人がその土地で業務を行なうときに事前に審査し、認可を与えるのもこの課の業務となっています。

これらの業務を遂行する上で、一人暮らしをしている高齢者の割合把握や、高齢者虐待の実態を把握(防止)するといった調査も定期的に行なっています。さらに、認知症対策に向けて職員の研修を実施したり、ホームヘルパーの育成に務めたりする地域も多数あります。

保育家庭支援課
母子家庭や父子家庭、また両親ともに亡くしてしまった子どものために、手当を給付して支援する課です。老人福祉施設と同様に「児童福祉施設」や「公立保育園」などの管理と運営を行なったり、公営ではない「私立保育園」などの認可をしたり、その後の運営指導を行なったりする仕事です。子どもの育成につとめるのが主とされる課ということもあり、子育てに悩む母子の相談窓口を設けることもあります。
障害福祉課
身体障害者、知的障害者、発達障害者、精神障害者など、なんらかの障害を負っている地域住民を支援するのが主な業務です。障害の程度にもよりますが、可能な限りは社会復帰、または社会参加できるように手当を給付しています。身体障害者手帳を与えるための審査もこの課で行なうことが多いです。
生活衛生課
地域住民が健康に、安心して生活できるよう、衛生面を管理するのがこの課の仕事です。水質検査や食肉検査など、人が口に入れる食品の衛生チェックはもちろんのこと、遊泳プール、狂犬病など、公共の場での衛生も細かく調査を行なっています。また、理容師法、美容師法、公衆浴場法食品衛生法、調理師法など各法を把握し必要とあれば指導に入るといったことも行なっています。