ご希望の市区町村役場/県庁/省庁情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト市区町村役場/県庁/省庁リサーチ

役所情報

堺市役所の特徴



堺市は、大阪府で人口と面積が第2位という、非常に大きな市です。大都市のイメージがありますが、古墳がある街としても有名です。中で大仙陵古墳(仁徳天皇陵古墳)は、日本最大級の前方後円墳で、社会科の教科書にも掲載されています。ここでは、そんな堺市の行政の中枢を担う、堺市役所の取り組みを中心に紹介します。

堺市に残る日本の歴史

堺市に残る日本の歴史

堺市は、古墳群があることでも有名ですが、千利休の出身地でもあり、かつては日本一の火縄銃の生産地でした。また、与謝野晶子文芸館があるなど日本文化の歴史を多く持つ市でもあります。

堺市の財産、「百舌鳥古墳群」

堺市の財産、「百舌鳥古墳群」

堺市役所のすぐ近くにあるのが大仙陵古墳(仁徳天皇陵古墳)です。この古墳をはじめとし、古墳時代には100基を超える古墳が作られました。これら市内に大きく広がる古墳群を「百舌鳥古墳群」と呼びます。

この大仙陵古墳(仁徳天皇陵古墳)が作られたのは5世紀前期~中期で、全長は486メートル、高さは35.8メートルと非常に巨大であり、世界三大墳墓のひとつです(残り2つはエジプトのピラミッド、秦の始皇帝陵)。

世界文化遺産登録を目指して

世界文化遺産登録を目指して

堺市では、この古墳群を世界文化遺産へ登録することを目指しています。同じく古墳群のある羽曳野市や藤井寺市、そして大阪府と共に「百舌鳥・古市古墳群世界文化遺産登録推進本部会議」を設置し、積極的に古墳群の素晴らしさ、歴史文化を伝える活動を行なっています。

また、堺市役所の21階にある展望ロビーでは、百舌鳥古墳群紹介コーナーが設けられ、10時~16時30分の間は、堺観光ボランティア協会が常駐している観光案内コーナーを利用することができます。観光案内コーナーでは、これら百舌鳥古墳群や堺の街の見どころの解説、パンフレットなどを配布しています。

与謝野晶子文芸館

与謝野晶子文芸館

「みだれ髪」や『君死にたまふことなかれ」で有名な日本の代表的な歌人であり作家、思想家の与謝野晶子はこの堺市堺区に生まれました。

与謝野晶子は、生涯5万首もの歌を残しましたが、和歌だけではなく、源氏物語の現代語訳を手がけたり、思想家や評論家と活躍したりと、多岐にわたる活動をしたことでも知られています。夫の鉄幹と共にパリで住んだ経験から、特に女性への教育や自立を説き、女性解放思想家としても社会に大きな影響を与えました。

堺市文化館の中には「与謝野晶子文芸館」があり、彼女の生涯や思想に触れることができます。また、期間によって常設展と企画展の内容が変更されるため、より深く与謝野晶子のことを知ることができます。

また同館内には「アルフォンス・ミュシャ館」が併設されています。これはミュシャのコレクターであった土居君雄氏の素晴らしいコレクションであり、土居氏の死後に堺市に寄贈された物です。