ご希望の市区町村役場/県庁/省庁情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
市区町村役場/県庁/省庁
トップページへ戻る
トップページへ戻る

役所情報

大阪市役所の特徴



大阪市は、大阪府の中心に位置し、大阪府庁の所在地でもあります。そして、大阪市は大阪府内だけではなく、関西一円の中心地です。大阪は「水の街大阪」と呼ばれ、大阪市の行政機関である大阪市役所も川に挟まれた中州、中之島に位置しています。この中之島周辺の開発が進んでおり、大阪の人気スポットのひとつです。

中之島という独特のエリア

中之島という独特のエリア

大阪は昔「天下の台所」と呼ばれていました。堂島川と土佐堀川に挟まれた中州の中之島周辺には多くの橋が架かっており、そのなかのひとつに淀屋橋という橋があります。まさにこの淀屋橋周辺は大阪の経済の中心地であり、現在も多くの大企業が立ち並ぶエリアです。これは川があり、水運が発達したことと深く関係しています。

人気のレトロな雰囲気の建物

人気のレトロな雰囲気の建物

また、中之島は国の重要文化財である大阪府立中之島図書館や、大阪市中央公会堂(中之島公会堂)といった建物が並んでいます。どの建物も独特の風合いがあり、大阪府民の老若男女に人気のエリアです。特に、大阪市中央公会堂(中之島公会堂)の中にあるレストラン「中之島倶楽部」のオムライスは古くから人気があります。1日200食限定ということもあり、これ目当てで中之島見物に訪れる人もいます。

中之島に位置する大阪市役所

中之島に位置する大阪市役所

大阪市役所も周りの建物と同じく、中之島の雰囲気に溶け込んでいます。この大阪市役所は1985(昭和60)年に竣工しました。それまでは1982(昭和57)年に撤去された旧庁舎が使われており、そのころの面影が現在の市役所の屋根に残っていたり、札が展示されていたりと現代でも昔の趣を楽しむことができます。この旧庁舎は56メートルの高さを持ち、当時の大阪市内では最も高いことでも知られていました。また、ルネッサンス風の塔もあり、まさに市の象徴的な建物でもありました。

大阪市冬の恒例イベント

大阪市冬の恒例イベント

この中之島で冬に行なわれるのが、「OSAKA光のルネサンス」です。2003年にスタートしてから毎年行なわれているイルミネーションイベントで、12月中旬のクリスマス気分を存分に味わえます。冬になると大阪の若い人の間では「中之島行った?」という会話がよく聞かれます。家族連れからカップルまで多くの人が集まり、毎年その来場者数は毎年増加しています。

会場は中之島一帯です。大阪市役所に面している「みおつくしプロムナード」がイルミネーションで光のアーケードに変化し、大阪市中央公会堂や大阪府立中之島図書館に映像や光が映し出されるなど、幻想的な演出が人気です。

また、大阪市役所1階にあるロビーはこの時期だけ期間限定のカフェになり、市役所の建物にもイルミネーションでクリスマスツリーの絵を展示させるなど、市民に親しまれています。