ご希望の市区町村役場/県庁/省庁情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト市区町村役場/県庁/省庁リサーチ

役所情報

目黒区役所の特徴



目黒区は、東京都の南西部にあり、23区の中では他の区と比べると、面積の狭い区です。目黒区は、住宅地として発展しており、住民の利便性と特色ある街づくりを目指し、小学校の区域に基づいた独自の「住区」を置いています。そんな目黒区の行政の中枢を担う、目黒区役所の取り組みを中心に紹介します。

目黒区について

目黒区について

目黒区では、利用頻度の高い窓口サービスを、目黒区役所以外の地区サービス事務所窓口や行政サービス窓口で受けることができます。地区サービス事務所は、5ヵ所(そのうち1ヵ所は目黒区総合庁舎内)に置かれ、住民登録や保険、税金にかかわる手続きを行なうことが可能です。

また、これらの補助を行なう施設として「行政サービス窓口」が区内3ヵ所に置かれています。こちらでは、受けられるサービスの範囲が狭まりますが、住民票の写しと印鑑証明書の発行や、戸籍謄抄本・戸籍附票の写しの発行などができます。

目黒区総合庁舎ウェディング事業

目黒区総合庁舎ウェディング事業

目黒区が取り組んでいるのが、目黒区総合庁舎を区民に親しまれ、開かれた庁舎にする事業のひとつ「目黒区総合庁舎ウェディング」です。その名の通り、目黒区庁舎内で結婚式、フォトウェディングを挙げることができます。

目黒区役所は1966年に建設され、文化勲章受章者の村野藤吾氏が設計しました。玄関ホールは、床と壁が白い大理石で作られ、奥には螺旋階段、高い天井の天窓はガラスモザイクで日本の四季がモチーフとなったエレガントな造りをしているため、区役所でありながらも結婚式の記念撮影には最適な場所です。

基本的には、土・日曜日と祝日の4時間を1枠として利用でき、目黒区民以外でも利用できます。条件を満たせば、婚姻届の提出、区職員による婚姻届受理証明書の受取という、区役所らしい演出を組み込むこともできます。

また、区役所の中では飲食はできないため、披露宴については区内のレストランを紹介してもらうことができます。

総合庁舎屋上庭園

総合庁舎屋上庭園

この結婚式では、区役所の屋上の庭園も利用が可能です。この屋上庭園は、単なる屋上緑化ではありません。1,120.11平方メートルという広さを持ち、キッズパークエリアや野菜畑、和風庭園エリアと多くのエリアが用意されています。

屋上緑化には、様々な制約や注意が必要です。そこで目黒区では、区民の今後の緑化活動に向けて、見本かつ情報発信地になるべく、この屋上庭園を整備しました。

また、緑化活動推進のため東京農業大学とも協定を結び、全面的な協力を得ています。現在も研究対象として、調査が継続して行なわれています。この屋上庭園には、アゲハや赤トンボ、ナガメなど、たくさんの生き物がやってくることでも知られています。

また、この屋上庭園は「目黒十五(とうご)庭」という名称で、区の庁舎を設計した村野藤吾氏の名が由来となっています。