ご希望の市区町村役場/県庁/省庁情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト市区町村役場/県庁/省庁リサーチ
市区町村役場/県庁/省庁
トップページへ戻る
トップページへ戻る

役所情報

港区役所の特徴



港区は、東京23区の西部にあります。大企業の本社が最も多く集まる区であり、日本のビジネスの中心地でもあります。また、官公庁や80を超える大使館などが多く立ち並ぶ区でもあり、外国人の居住者が人口の約1割にも上ります。ここでは、そんな港区の行政の中枢を担う港区役所の取り組みを中心に紹介します。

港区について

港区について

港区は、昭和22年に旧赤坂区、旧麻布区、旧芝区の3つの区が合併して誕生しました。地形は起伏が多く、名前の付いている坂が90以上あり、多くの坂が江戸時代の名残を持つ歴史的価値の高い坂です。

ビジネスの中心地のため経済活動が活発な区ですが、青山や赤坂などの商業的なエリアや、六本木の歓楽街、そして麻布や白銀台という住宅街もあり、いくつもの面を持っています。

また、行政サービスも区役所だけではなく、芝地区、麻布地区、浅草地区、高輪地区、芝浦港南地区に「総合支所」が置かれており、各種手続きや相談ができるようになっています。

国際交流活動

国際交流活動

港区には、外国人が多く住んでいます。港区では、この国際的に恵まれた区ならではの特色を活かし、日本人と外国人の相互交流を目指しています。

港区は、外国人居住者も港区の構成員のひとりと考え、外国人居住者にも積極的に街づくりに参加してもらえるよう、多言語による情報提供を進めています。

住民登録した人には「外国人対象ウェルカム・パッケージ」を配布しています。これには、区の基本情報や観光マップ、ごみの出し方に関する情報などが書かれています。英語版とハングル語版、中国語版が用意されています。

その他にも、「外国人住民のための生活情報小冊子」という税金や保険、子育てについてなど、生活に役立つ情報が掲載された小冊子の配布や、区役所には「多言語情報コーナー」という、様々な制度や施設、事業に関する多言語で書かれたパンフレットを配布するコーナーも設けられています。今後は、登録者への電子メールによる情報提供も企画されています。

港区は、日本人と外国人がともに港区で生活してお互い支えあい、地域コミュニティに参加していくことで、今までにない地域文化や魅力のある街が生まれていくと考えています。

MINATO「選挙いっ得?!」プロジェクト

MINATO「選挙いっ得?!」プロジェクト

港区には「MINATO『選挙いっ得?!』プロジェクト」というユニークな名前の事業があります。これは平成25年に開始した事業で、20歳前後の若者から構成されるプロジェクトです。目的は、若者に選挙啓蒙活動と選挙事務などのかかわりを通じて、選挙と政治に関心を持ち、学んでもらうことです。

政治情勢や選挙について分かりやすい解説をTwitterやFacebookで発信したり、若者の政治への関心がどのぐらいあるのかアンケート調査を行なうなどの活動をしています。