ご希望の市区町村役場/県庁/省庁情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト市区町村役場/県庁/省庁リサーチ
市区町村役場/県庁/省庁
トップページへ戻る
トップページへ戻る

役所情報

千代田区役所の特徴



千代田区は、東京23区のほぼ中央にあり、区の中央には皇居があります。また、国会首相官邸、最高裁判所や省庁、都市銀行や大手総合商社、10ヵ国を超える大使館もあるなど、日本の主要機能が集中している区です。日本史を語る上で欠かせない「桜田門外の変」が起きたのもこの千代田区です。ここでは、そんな千代田区の行政の中枢を担う、千代田区役所の取り組みを中心に紹介します。

千代田区について

千代田区について

千代田区は、日本の主要政党や首相官邸など、国の中核となる多くの機関が置かれています。これは徳川幕府の成立から始まり、日本の政治と経済の中心として機能している千代田区の特徴です。区の名称「千代田」も江戸城の別名「千代田城」にちなんだものです。さらに文化的な色合いも強く、主要新聞の本社や出版社や書店街も千代田区にあります。

区全体の15%を占めているのが、皇居の緑地です。そのため、23区の中でも住宅が占める面積が少なくなっており、昼間と夜との人口の差が激しいエリアのひとつです。

また、俳優の役所広司氏は「役所に勤めていたことから芸名を『役所』にした」という話が有名ですが、この由来となっている役所は千代田区役所です。

路上喫煙禁止条例

路上喫煙禁止条例

千代田区では、区全域が路上喫煙の禁止区域となっています。平成14年に千代田区は、日本で初めて公道で喫煙した場合、罰金を徴収する条例「安全で快適な千代田区の生活環境の整備に関する条例」を施行しました。罰金は2,000円(条例上の上限は2万円)です。この条例を施行するにあたり、千代田区の職員は検討の段階から何回も議論を交わし合い、その過程を区民の声も含めたドキュメントとして書籍『「路上喫煙にNO!」―ルールはマナーを呼ぶか」(ぎょうせい)を発行しています。

その後、この千代田区のような喫煙禁止条例は「環境条例」や「歩行喫煙禁止条例」などの名称で日本全国に広まっていますが、罰金や罰則については各自治体によって内容が異なり、灰皿の設置や撤去などの、取り組みや考え方も自治体ごとに異なっています。

ちよだ文学賞

ちよだ文学賞

千代田区は、文学者が多く住んだ街であり、神保町の書店街も有名です。このような歴史的かつ文化的な価値を残すべく、千代田区は「ちよだ文学賞」という賞を設けています。この賞を通して千代田区は、新しい文学の才能を持つ新人の発掘や文学の価値の維持、さらに区民に文学に親しんでもらうよう努めています。

応募資格は特になく、日本語で書かれた未発表小説であれば応募することができます。作品内に千代田区の名所や旧跡、縁のある人物が登場すると歓迎されますが、これが評価に直結する訳ではありません。審査員には直木賞受賞作家の唯川恵氏がいます。