ご希望の市区町村役場/県庁/省庁情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト市区町村役場/県庁/省庁リサーチ
市区町村役場/県庁/省庁
トップページへ戻る
トップページへ戻る

役所情報

杉並区役所の特徴



杉並区は、東京23区の西部に位置します。自然豊かな街で、閑静な住宅街としても知られています。杉並区は、アニメ産業が盛んな土地でもあり、「なみすけ」という区のキャラクターがいます。また、杉並区児童合唱団は多くのCMソングやアニメソングにその歌声を使われていて、全国的に有名です。ここでは、そんな杉並区の行政の中枢を担う、杉並区役所の取り組みを中心に紹介します。

杉並区について

杉並区について

杉並区は、1943(昭和18)年に東京都制施行により誕生しました。区名に「杉」が入っている通り、現在はなくなってしまいましたが、江戸時代初期には杉並木が植えられていました。区章も杉の葉がモチーフになっています。

2004(平成16)年に「杉並区防犯カメラの設置及び利用に関する条例」が施行されました。これは全国初となる、防犯カメラの設置や運用基準に関する条例です。また、現在は解散してしまいましたが、区による教員を育成する「杉並師範館」という養成所を設置するなど、杉並区は新しい取り組みを積極的に導入しています。

杉並区とアニメ

杉並区とアニメ

杉並区には、数多くのアニメ制作スタジオがあります。その数は全国で2番目の多さで、日本全国に約200社あるスタジオのうち、約70社が杉並区にあります。有名なロボットアニメ「機動戦士ガンダム」も、杉並区にあるサンライズから生まれました。

2008(平成20)年3月に、このサンライズをはじめとするアニメスタジオが多く集まる西武新宿線上井草駅前に、ガンダムのモニュメントが登場しました。現在も商店街が維持管理にあたり、地元の小中学生の有志が清掃を行なうなど、街のシンボルとなっています。

アニメキャラクター「なみすけ」

アニメキャラクター「なみすけ」

杉並区には、区の公式アニメキャラクター「なみすけ」がいます。なみすけは、公募で選ばれ「区民の皆さまと区とを優しくつなぐキャラクター」として、区のホームページや区役所の表示や看板、案内板のいたるところに登場しています。

なみすけは、日本から程近い場所にある、小さな島「スギナミザウルス島」の出身です。

憧れの杉並区に船でやってきました。杉並区のホームページではブログも書いています。

グッズも制作されており、杉並区役所や杉並アニメーションミュージアムで購入することができます。また、カレンダーや、社内用電話メモなども無料でダウンロードできます。

杉並アニメーションミュージアム

杉並アニメーションミュージアム

杉並区には「杉並アニメーションミュージアム」という、アニメ全般を総合的に紹介する施設があります。この施設は入場無料で「日本のアニメの歴史」や「これからの日本のアニメ」について、さらにはアニメの原理が勉強できるブースや、アフレコ体験、アニメ制作の過程を知るコーナー、常設展や企画展などを楽しむことができます。また、アニメ制作に携わるクリエイターのインタビュー映像を閲覧できるなど、アニメ作品だけではなく、実際に現場で働く人々の姿を見ることもできます。