ご希望の市区町村役場/県庁/省庁情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト市区町村役場/県庁/省庁リサーチ

役所情報

昔は選挙で決まっていた!
教育委員会の歴史



教育委員会は、都道府県と市町村に設置することが決められた、教育にかかわる事務を行なう組織です。ここでは、現在の教育委員会がどのように成立したか、その歴史についてご説明します。

教育委員会の歴史

教育委員会の歴史

教育委員会の歴史は、第二次世界大戦後の1948年に教育委員会法が制定され、教育委員会が設立されたことから始まります。当時の教育委員会は、委員を立候補者の中から地域の住民の投票で決める形式で、現在よりも強い権限を持っていました。予算や条例についても、議会に案を提出する権限を持っていました。

公選制の廃止と教育長任命承認制度のはじまり

公選制の廃止と教育長任命承認制度のはじまり

しかし、教育委員を選挙で選ぶ形式にしたために、派閥間の対立が生まれ、政治的中立が保てなくなるなどの実態が出てきます。そこで1956年、地方教育行政の組織、及び運営に関する法律が制定され、制度改革が行なわれました。この際に、教育委員の選任方法はそれまでの公選制が廃止され、現在のような、都道府県知事や市区町村長が議会の同意を得て決定する形式に変更されます。このとき、教育長については、文部大臣や都道府県教育委員会の承認を得て任命する「任命承認制度」という制度になります。予算や条例の案を議会に提出する権限は、廃止となります。

教育長任命承認制度の廃止

教育長任命承認制度の廃止

その後、1998年の地方教育行政法では、地方分権を求める声を受け、教育長の任命承認制度が廃止されます。これによって現在のように、教育長は教育委員の中から選任されることとなります。また、このとき同時に、都道府県や市町村への指導に関する規定が改正され、都道府県による市町村立学校の基準設定についても廃止されました。これにより、教育における地方分権が始まりました。

教育委員会の公平性と公開性

教育委員会の公平性と公開性

2000年、教育委員会の制度活性化に向けた改革の一環として、教育委員は職業、年齢、性別について偏りがないようにすること、教育委員の中には保護者という立場の人を含めるようにすることが定められました。また、教育委員会の会議については原則的に公開するものとし、住民に開かれた教育委員会が始まることとなりました。

現在の教育委員会

現在の教育委員会

現在の教育委員会は、原則的には5名の委員から編成されています。教育委員の選任については、各都道府県知事または各市町村長が、議会の同意を得て任命することになっています。教育委員長と教育長は、教育委員の中から選出されます。教育委員長は、教育委員会の中の互選で決まり、教育長は教育委員会から任命される形で決まります。