ご希望の市区町村役場/県庁/省庁情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
市区町村役場/県庁/省庁
トップページへ戻る
トップページへ戻る

役所情報

市町村ごとに設置される農業委員会



「農業委員会」とは、法律によって各市町村に設置することが定められた、主に農地にかかわる調整業務を行なう組織です。ここでは、農業委員会の役割や委員の選任方法についてご説明します。

農業委員会の設置は法律で定められている

農業委員会の設置は法律で定められている

農業委員会は、法律によって原則、各市町村に設置することが定められた組織です。農業委員会は主に、その市町村内の農地にかかわる調整業務を行なっています。

農業委員会の設置に関しては、その区域内の農地の広さによっても、設置の必要性が変わってきます。区域内の農地の面積が200ヘクタール以上の場合は、農業委員会を設置する決まりとされています。また、区域内の農地面積が広大な場合は、必要に応じて2つ以上設置しても良いことになっています。

農業委員会の果たす役割

農業委員会の果たす役割

農業委員会は、各地域の農業生産力を高めていく上で、重要な役割を担っています。ここでは農業委員会の役割を、具体的に3つの業務に分けて説明します。

1つ目は、「法令業務」と呼ばれる業務です。これは、優良な農地を確保し、農地を有効に活用するための業務です。例えば、農地の権利を変更したり、農地転用を行なったりする際に、農業委員会がその許可や認可を行ないます。また、農地の税金にかかわる業務や、農地の資金にかかわる業務も行なっています。

2つ目は、「任意業務」と呼ばれる業務です。これは、農業に携わる人たちの育成や必要に応じて農地を有効活用する、農地の流動化などを行なう業務です。また、農業や農業者に関する調査・研究など、将来の農業の発展にかかわる業務を行ないます。

3つ目は、意見の公表、建議及び諮問に対する答申の業務と呼ばれる業務です。各地域の農業者から選ばれた代表として、国や行政に対して、農業の発展のために意見を伝える役割を果たしています。

農業委員の選任方法

農業委員の選任方法

農業委員会の委員は、全員が同じ方法で選任される訳ではありません。委員には、選挙で選出される公選委員と推薦で選出される選任委員がいます。

公選委員は、公職選挙法に基づいた選挙によって選出されます。選挙の管理については、選挙管理委員会が行なっています。その地域の農業を行なっている一定の条件を満たした人たちが、被選挙権を持つことになります。定数については、各市町村の条例で定める決まりがありますが、選任委員よりも多い人数でなければならないとされています。公選委員の任期は3年です。

選任委員については、農業協同組合、農業共済組合、土地改良区がそれぞれ推薦した人がなるよう定められています。また、市町村長が推薦した、農業に精通している学識経験者も同様に選任委員として選ばれます。