ご希望の市区町村役場/県庁/省庁情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト市区町村役場/県庁/省庁リサーチ

役所情報

家庭の水を守る役所の水道課の役割



「水道課」とは、市区町村内の安定した水道水の供給、料金の徴収や水質検査にかかわる業務を行なっている部署です。ここでは、水道課の担当する業務について、具体的にご説明します。

水道課が担当する業務

水道課が担当する業務

安全な水道水を提供するために、水道課は様々な業務を行なっています。

水道用水の供給事業

水道用水の供給事業

水道課の重要な業務のひとつは、水道用水供給事業です。水道課は、川やダム、湖、地下水などを飲める状態にして、家庭などに送っています。ここでは、水道課がどのような方法で、安全な水を水道水として提供しているかについて説明します。

川やダムから集められた水は、浄水場と呼ばれる施設で、数々の工程を経て、ろ過を繰り返し、きれいな状態になります。各工程では、浄水場内の様々な設備が使われます。例えば、大きめの砂や土を沈める工程では「沈砂池」を利用します。薬品によって固められた、細かい砂や土を沈める工程では「沈殿池」を利用します。砂や砂利を使って水をこす工程では「ろ過池」を利用します。このように何度も異物を沈め、水をこしてきれいになった物が、飲料水として家庭に送り届けられます。

水道課は、安定して家庭に水道水を供給するため、他にもいくつかの業務を担っています。例えば、新しく市区町村内に転居してきた家庭の水道を使えるようにするため、開栓作業を行なったり、転出した家庭の水道を止めるために、閉栓作業を行なったりするのも、水道課の業務のひとつです。また、市区町村内の適正な水道料金の基準を定め、その基準にしたがって料金を徴収するのも水道課の役割です。さらに、給水装置にかかわる工事を行なうのも、水道課の役割です。給水装置とは、浄水場から市町村内の各地に水を運ぶ配水管から、水道水を家庭の蛇口まで運ぶ役割を果たす装置のことを指します。基本的には、給水装置は各家庭が所有しているため、管理は各家庭が行なうことになっていますが、漏水などの一部の対応は水道課が行なっています。

水質検査

水質検査

水道課では、毎日水質検査を行ない、その品質を保つ業務も担っています。水質検査では、飲料として人の健康に有害な物質は含まれていないか、異状な臭いがしないか、異状な濁りがないか、洗濯物をした際に着色などの影響を及ぼさないかなど、定められた項目にしたがって検査が行なわれます。自治体によっては、直接家庭に出向き、希望に応じて蛇口から出る水道水の水質検査を行なうこともあります。

また、浄水場に運ばれる前の水源、川や湖においても定期的に水質調査を行なっています。水道管についても、老朽化が進むと水質汚染につながる場合があるため、古い水道管を新しい物に取り替えるなどの整備も進めています。