ご希望の市区町村役場/県庁/省庁情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト市区町村役場/県庁/省庁リサーチ

役所情報

市庁舎から車まで…
財産管理を行なう役所の管財課



「管財課」とは、主に自治体が所有する財産の管理を行なっている部署のことです。ここでは、管財課の具体的な業務についてご説明します。

財産の管理と競争入札にかかわる管財課

財産の管理と競争入札にかかわる管財課

管財課は、主に自治体の財産を管理しています。この財産の管理に関する業務は多岐にわたります。また、自治体によっても部署の構成や業務内容が異なります。ここでは、大きく2つに分けて、管財課の業務内容をご説明します。

ボールペンからネットワークまで財産の管理を行なう部署

ボールペンからネットワークまで財産の管理を行なう部署

管財課は「公有財産」と呼ばれる、自治体が保有する財産を新たに取得したり、継続的に管理したり、逆に売却などで処分する業務を行ないます。

管財課が管理する自治体の公有財産として、まず挙げられるのが、土地や建物といった不動産です。管財課では、このような所有する不動産について、新たな取得や管理にかかわる業務のみならず、不動産登記にかかわる業務も行なっています。また、不動産が加入すべき損害保険の加入手続きや管理も行なっています。県であれば「県庁舎」、市であれば「市庁舎」と呼ばれる、県庁や市役所の建物その物も自治体が保有する不動産です。自治体で働く職員の住まいである公舎も、自治体が保有する不動産です。管財課は、こういった庁舎や公舎の管理や運営も行なっています。不動産については、自治体が所有権を持って所有する物だけではなく、借りている物件などについても、管財課の管理の対象となります。借りている不動産の場合、管財課は、借地契約の更新や借地料の支払いにかかわる業務を行なっています。

次に、管財課が管理している主な物として、車があります。管財課は、自治体が所有している公有車、共用車の管理や運行に関する業務を行なっています。

また小さな物だと、役所などで利用する物品の購入や処分、管理にかかわる業務を行なっています。管理する物品には、ボールペンや紙などの小さな文房具なども含まれますが、自治体で業務に利用するパソコンやネットワークの管理などを管財課が行なっている自治体もあります。この場合、管財課が管理するのは庁舎の中のネットワークだけではありません。役所の出張所や地区サービスセンターなども管理の対象となっています。

競争入札の公示や審査を行なう部署

競争入札の公示や審査を行なう部署

管財課のもうひとつの主な業務は、一般競争入札にかかわる業務です。一般競争入札とは、例えば自治体が市町村の中で必要な工事を行なう際に、その工事の施行業者を決めるために、一般に広く施行業者を公募し、入札された内容や価格からどの業者に委託するかを決めるものです。

管財課は、このような一般競争入札の公示、入札業者の入札に参加する審査資格のチェック、決定した工事の請負業者との契約にかかわる業務なども行なっています。