ご希望の市区町村役場/県庁/省庁情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト市区町村役場/県庁/省庁リサーチ

役所情報

公務員の保育士が勤める公立保育所



保育所には、大きく分けて、「公立保育所」と「私立保育所」があります。公立保育所は、市区町村によって運営されている保育所です。ここでは、公立保育所の特徴についてご説明します。

公立保育所の特色

公立保育所の特色

公立保育所も私立保育所も、園や園長の方針によって、その雰囲気は多種多様ですが、ここでは一般的な公立保育所の特色についてご説明します。

統一された方針があって安心

統一された方針があって安心

公立保育所は、市区町村が運営しています。そのため、園は施設の広さや職員の数など、一定の定められた基準を満たしています。このような点において、園長によって園の特色があまりに異なる私立保育所と比べ、安心感があるという特色があります。

保育士は公務員

保育士は公務員

公立保育所の保育士は地方公務員です。公立保育所の保育士になるには、公務員試験を受けて、それに合格する必要があります。また、公務員ということもあって、継続年数も比較的長めです。そのため、経験豊かな保育士が多いのも、公立保育所が持つ特色のひとつです。

保育士は3年くらいで異動

保育士は3年くらいで異動

公立保育所の保育士は公務員であるため、およそ3年前後で他の園に異動する決まりがあります。0歳児のときから保育所に預けていたとしても、卒園まで同じ先生に見てもらうということは難しいのが現状です。

保育士の数は多め

保育士の数は多め

公立の保育所の場合、国が定めた職員配置基準に基づいて、園児の数に対して職員の人数が決められています。そのため、私立の保育所よりも、職員数が多めの場合が多いです。ただ、この職員配置基準は市町村が独自に規定することもできるので、一概にこの通りとは言えない現状があります。

施設は古いが広め

施設は古いが広め

園によって差はありますが、保育所の施設は比較的古いものが多く、その代わりに私立よりも園庭などが広いことが多いのも特徴です。

柔軟な対応は難しいことも

柔軟な対応は難しいことも

公立保育所は、市区町村が運営しているということもあり、延長保育などの個別の柔軟な対応は、私立保育所に比べて難しい面もあります。ただ、こちらも園によって異なるので、柔軟な対応をしてくれる保育所もあります。

公立保育所の保育士になるには

公立保育所の保育士になるには

保育士として働くためには、保育士資格が必要です。保育士資格は、大学、短期大学、専門学校の保育士養成課程を修了することで取得できます。または、課程を終了しなくても、保育士試験に直接合格することで、資格を得ることができます。保育士試験対策として、通信講座などを受講する人もいます。公立保育所の保育士になるには、さらに市区町村の公務員試験に合格する必要があります。