ご希望の市区町村役場/県庁/省庁情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
市区町村役場/県庁/省庁
トップページへ戻る
トップページへ戻る

役所情報

役所で取得できる
住民票に関する基礎知識



「住民票」とは、個々人の氏名や住んでいる場所、生年月日などの情報をまとめた物です。ここでは、住民票の記載内容や取得方法についてご説明します。

住民票は世帯でひとかたまり

住民票は世帯でひとかたまり

住民票は、地方自治体が管理する住民に関する基本的な情報をまとめた物です。個人をひとつの単位としていますが、基本的には住所と生計をひとつとする世帯ごとにまとめられています。家族であっても別々に住んでいたり、生計が別であったりすると、世帯は分かれることになります。

住民票には、世帯主が記載されています。世帯主は、言わば世帯の代表者のようなものです。基本的には、その世帯の生計を維持しており、一般的にその世帯の代表者と思われる人が世帯主になるのが妥当です。世帯主は、数あるデータの中から特定の住民票のデータを検索するための、もとになる情報としての役割を果たしています。また、役所から世帯にお知らせが届く場合、世帯の代表者である世帯主宛に送付されてきます。

住民票に記載されているのは、氏名や生年月日、住所、性別、世帯主と世帯主との続柄、住民票コードなどです。引越しした場合は、住民票も移動する必要があります。同一市区町村内で引越しをするときは転居届を提出し、他の市区町村外へ引越しするときは転出届、転入届を提出することで、住民票を変更したり移したりすることができます。

役所での住民票の取得方法

役所での住民票の取得方法

役所での住民票の取得方法は、次の通りです。

住民票はコンビニでも取得できる

住民票の写しは、市区町村の役所の窓口で取得することができます。直接窓口に行けない場合、自宅近くにある役所の出張所や地区サービスセンターなどでも取得することができます。取得には、手数料が数百円かかりますが、この金額は自治体によって異なります。住民票を取得する際、世帯全員の物を取るか、個人のみの物を取るか選択することができます。世帯全員の情報が記された住民票を「住民票謄本」、世帯の一部のみの情報が記された住民票を「住民票抄本」と言います。

住民票は、郵送で請求する方法もあります。また、住民基本台帳カードを持っていれば、コンビニなどの自動証明書発行機でも取得することができます。自治体によっては、インターネットで請求することもできます。

住民票は誰でも取得請求できる

住民票はその世帯に入っている人以外の人も取得請求することができます。ひとつは、世帯の住民から委任状を託されている場合です。そしてもうひとつは、第三者が住民票を取得する場合です。第三者が住民票を取得するためには、住民票取得請求をする正当な理由を明示できなくてはなりません。弁護士や司法書士などが、業務上第三者として住民票を請求する場合も、その使用目的を明示する必要があります。