ご希望の市区町村役場/県庁/省庁情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
市区町村役場/県庁/省庁
トップページへ戻る
トップページへ戻る

役所情報

戸籍謄本・抄本の違いと
役所での取得方法



戸籍謄本(こせきとうほん)、戸籍抄本(こせきしょうほん)は様々な手続きを行なう際に、提出を求められることがあります。ここでは戸籍謄本と戸籍抄本について、その内容の違いと取得方法についてご説明します。

すべての情報が記された戸籍謄本

すべての情報が記された戸籍謄本

「戸籍謄本」とは、戸籍に記載されているすべての事項が書かれた証明書です。戸籍には、氏名や生年月日、親子関係、本籍地、筆頭者、出身地などが記載されています。以前は、原本の戸籍を紙に書き写した物を「戸籍謄本」と呼んでいましたが、現在は、データを印刷して発行した物が多く、これを「全部事項証明書」と呼びます。

一部の情報のみを記した戸籍抄本

一部の情報のみを記した戸籍抄本

「戸籍抄本」とは、戸籍の中で必要とする一部分のみを記載した証明書です。取得手続きをする際に、どの情報を記載したいか、申請者自ら選択することができます。戸籍謄本には、その手続き上は必要のない多くの情報が記載されているため、必要に応じて戸籍謄本ではなく戸籍抄本を取り寄せることがあります。以前は、原本を紙に書き写した物を「戸籍抄本」と呼んでおり、現在は、戸籍のデータを一部印刷した物を「個人事項証明書」と呼びます。

戸籍謄本、戸籍抄本の取得方法

戸籍謄本、戸籍抄本の取得方法

戸籍謄本、戸籍抄本ともに本籍地がある役所の窓口で取得することができます。都道府県庁の窓口では発行することができず、市区町村の窓口でのみ取り扱っているので注意が必要です。発行手数料は1通450円です。これは全国一律同じ料金と決まっています。

戸籍謄本と戸籍抄本は、住所地ではなく、本籍地のある役所でなければ取得できないため、取りに行くことが困難な場合があります。このような場合には、郵送でも取り寄せることができます。郵送で取り寄せる場合には、身分証明書のコピー、450円分の郵便定額小為替、切手を貼り付けた返信用封筒、申請書を本籍地のある役所宛に、郵送で送付することになっています。後日、請求した戸籍謄本、戸籍抄本が送られてきます。日数がかかる場合もあるので、事前に自治体のホームページなどで取り寄せるのにどれくらいの期間が必要となるか、確認しておく必要があります。

戸籍を取得できるのは、直系尊属、直系卑属に限ります。例えば、父と母の戸籍に入っている未婚の子どもがいるとします。この子どもの直系にあたる祖父は、この子どもの直系尊属にあたるため、戸籍を取得することができます。同様の理由で、祖父の父である子どもの曽祖父も戸籍を取得することができます。一方、直系にあたらない叔父や叔母は、この子どもの戸籍を取得することができません。また、祖父から見ると子どもは直系卑属にあたるため、子どもは祖父の戸籍を取得することができます。