ご希望の市区町村役場/県庁/省庁情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト市区町村役場/県庁/省庁リサーチ
市区町村役場/県庁/省庁
トップページへ戻る
トップページへ戻る

役所情報

役所での印鑑証明の登録方法と使いみち



印鑑証明(印鑑登録証明書)は、金銭を借り入れたり、高額な契約をしたり、不動産の登記を行なうときなど、重要な手続きをする際に用いる印鑑を公に証明するための物です。ここでは、印鑑登録の必要性と印鑑証明書の使いみちについてご説明します。

役所で印鑑登録を行なう

役所で印鑑登録を行なう

役所での印鑑登録の方法を紹介します。

印鑑登録の目的

印鑑登録の目的

自動車や住宅、土地など高額な売買契約をするとき、あるいは法的な拘束力を持つ公文書である公正証書を作成するときなどには、印鑑証明書が必要になります。印鑑証明書は、その印鑑が確かにその人の印鑑であることを自治体が証明する物です。印鑑証明書を発行するためには、事前に役所で印鑑登録をしておく必要があります。

登録する印鑑を作る

登録する印鑑を作る

印鑑登録をする印鑑は、印鑑の専門店などで独自に作成してもらうのが一般的です。大量生産された三文判やシヤチハタの印鑑では認められないことが多いです。印鑑登録によって発行できる印鑑証明書は、高額の取引の際に使う重要な書類です。独自に制作してもらう理由は、誰もが容易に持てるような印鑑ではリスクがあるためです。

作成する印鑑は、姓名、姓のみ、名のみ、姓と名の一部を組み合わせたもののいずれでも認められます。姓のみだと家族間で重複してしまうこともあるため、姓名で作成するケースが多いです。ただ、結婚して姓が変更する可能性がある場合などは、名のみを選ぶケースもあります。姓名の入った印鑑で登録したあとに、結婚などで姓が変わった場合は、新しい印鑑で登録し直すことができます。また、姓名以外の情報が入っているものは認められないことになっています。

その他、印鑑自体が壊れにくい素材か、小さすぎず大きすぎないかなども登録の際にチェックされるポイントです。

印鑑登録を申請する

印鑑登録を申請する

登録する印鑑が決まったら、役所の窓口で印鑑登録の申請を行ないます。印鑑登録は、満15歳以上の人であれば登録することができます。ただし、1人につき1本と決まっています。登録は、専用の申請書に記入して行ないます。その際、登録費用が数百円かかります。本人が窓口に直接申請に行き、運転免許証やパスポートなどの顔写真付きの身分証明書を提示できる場合は、登録はその日のうちに完了します。

登録が完了すると、印鑑登録証または印鑑登録カードが発行されます。こうして印鑑登録された印鑑を「実印」と呼びます。

印鑑証明書を取得する

印鑑証明書を取得する

印鑑証明書の発行には、印鑑登録の際に交付された、印鑑登録証または印鑑登録カードが必要です。発行費用の数百円を支払って、印鑑証明書を取得します。印鑑登録証または印鑑登録カードを持っていれば、本人でない代理人であっても、委任状なしに印鑑証明書を取得することができます。このとき代理人は、印鑑証明書を取得する人の氏名、生年月日、住所を記入できることが条件となります。

役所で登録する印鑑登録ですが、他の市区町村へ転出する場合は、一度登録した物は無効となります。そのため、新しい引越先であらためて印鑑登録を行なう必要があります。