ご希望の市区町村役場/県庁/省庁情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
市区町村役場/県庁/省庁
トップページへ戻る
トップページへ戻る

役所情報

役所の住民課でできる手続き



役所には、様々な受付窓口がありますが、ここでは住民課で行なえる主な手続きについてご説明します。

住民課で行なう主な手続き

住民課で行なう主な手続き

住民課で行なう手続きについて紹介します。

戸籍謄本、住民票の取得

住民課を利用する中で、利用頻度の多いもののひとつが、戸籍謄本や住民票の取得です。証明書の取得には手数料がかかりますが、戸籍謄本の発行手数料は全国一律450円と決まっています。住民票の発行手数料は自治体によって様々ですが、200~300円前後の自治体が多いです。また、直接窓口に行くことが困難な場合、郵送で取り寄せることもできます。

転入、転出、転居の手続き

引越しをした場合、住所変更の手続きもこの住民課で行ないます。手続きは、引越してから14日以内に行なうという決まりがあります。ここで行なう届出は、国民健康保険、国民年金、選挙などの基本となるものなので、引越しをしたあとは早めに手続きを行なうことが大事です。

結婚、離婚に関する手続き

「婚姻届」や「離婚届」の提出先も住民課です。所定の用紙は役所に行けばもらうことができますが、婚姻届は用紙に記入すれば完了という訳ではないので、注意が必要です。お互いの本籍が届出をする役所管轄内にあれば問題ありませんが、それ以外の場所が本籍地の場合、それぞれの戸籍謄本・戸籍抄本を事前に取り寄せておく必要があります。当日になって必要書類が足りなかった、ということがないように事前にチェックしておくと安心です。

住民課で混雑を避けるには

住民課で混雑を避けるには

せっかく平日にお休みをとって住民課に行ったのに、混雑していて待ち時間が長いと感じてしまうこともあります。そのような混雑を避ける方法を紹介します。

混雑しやすい時期、曜日を知っておく

春は引越しが多く、どうしても住民課が混雑しやすい時期です。もし時期をずらせるのであれば、混雑しがちな春は避けたほうが良いです。また、お休み明けの月曜日も混みやすいので、空いている曜日を選びましょう。

出張所をうまく利用する

「住民課に行かなければいけない」と思うと、役所に行くことを考えがちですが、各地に役所の「出張所」があることも知っておきましょう。出張所は、よく利用する住民票の取得など、各種手続きが行なえます。役所は混雑しがちですし、自宅から遠い場合もありますが、出張所は比較的空いていることが多いです。自宅近くの出張所の場所を知っておくと便利です。

住基カードで窓口に行かずに証明書を発行する

自治体によっては、各自治体で発行してもらえる住基カードが各種証明書の発行に利用できます。これがあると、証明書自動交付機を利用して、より場所や時間を選ばずに住民票などを取得することができます。また、住基カードを持っている人であれば、コンビニで各種証明書を取得できる自治体もあります。利用可能時間も長く、待ち時間も少ないので便利です。