ご希望の市区町村役場/県庁/省庁情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
市区町村役場/県庁/省庁
トップページへ戻る
トップページへ戻る

役所情報

役所の職員になるための試験と対策



役所の職員になるための試験、いわゆる公務員試験は、その安定性と公共性から人気がある試験のひとつです。公務員試験と言っても、その種類は受験資格や試験内容、試験時期によって様々です。ここでは、公務員試験の概要と対策についてご説明します。

公務員の種類と試験について

公務員の種類と試験について

公務員は大きく、「国家公務員」と「地方公務員」に分けられます。国の機関や組織で勤務するのが国家公務員で、地方自治体に勤務するのが地方公務員です。

公務員試験を受ける際に、まず確認しておきたいのは受験資格です。受験資格は大抵、年齢、学歴などいくつかの要件が設けられています。学歴の場合は、「大学卒業程度」「短大卒業程度」「高校卒業程度」など、最終学歴を目安にしています。年齢制限は、受験区分によって異なる場合があります。

公務員試験には、「行政系」「専門系」といった受験職種の種類や、「Ⅰ種」「Ⅱ種」「上級」「中級」といった試験区分があります。これらは公務員になったあと、「どんな仕事に携わりたいか」「どのようなキャリアを積みたいか」にかかわる重要な部分です。

また、試験によっては、みごと合格したとしても希望する役所で働ける訳ではない、という点も公務員試験の難しさです。例えば、公務員試験の最難関と言われる国家公務員Ⅰ種は、試験に合格した時点では、入庁する省庁が決まっていない状態です。そのあとに行なわれる「官庁訪問」と言われる、省庁ごとの面接試験のようなものに合格することで、ようやく内定となります。せっかく最難関の試験に合格しても、この官庁訪問での内定がなければ、勤務先が決まらないことになるため注意が必要です。

公務員試験に合格するために

公務員試験に合格するために

公務員になりたいと思ったら、まずは試験へ向けて勉強することが必要です。公務員試験は、主に筆記試験と面接試験があります。筆記試験の内容は、大きく教養試験と専門試験に分かれます。教養試験には数的処理のような試験が、専門試験では法律などの試験があります。いずれにせよ、勉強をせずに試験を突破することは非常に難しく、しっかり時間をとって対策をする必要があります。

予備校を利用する

公務員試験を目指す学生の中で、資格試験予備校を利用する学生は非常に多いです。予備校では、教科ごとに専門の講師陣がいて、決められたカリキュラムに沿って対策を進めていきます。いつ始めても、受験に間に合うように対策をしてくれます。学びやすいテキストが用意されており、専用の自習室、授業を休んだときのフォロー動画、合格者が相談にのってくれるチューター制度など、設備が充実しています。費用は高めで、試験や始める時期にもよりますが、数十万円かかるのが一般的です。

通信講座を利用する

自宅や学校の周辺に資格試験予備校がない場合や、予備校に通う時間がない社会人には、通信講座が向いています。予備校に通う時間を節約でき、自分のペースで勉強を進めることができるというメリットがあります。質問もメールやFAXで対応してくれます。